チンポコモン

Last-modified: 2021-09-10 (金) 13:27:50


チンポコモン(Chinpokomon)とは、海外アニメ『サウスパーク』の第3シーズン第10話のサブタイトル及び、劇中に登場する作品名である。

概要


世界的に有名な日本のゲームコンテンツ「ポケットモンスター」のパロディ回で、日本で未放送の回の一つ。理由は「任天堂に訴えられるから」というよりも、「エピソードに登場する「日本」がほぼ旧日本軍のパロディな上、社長の名前が昭和天皇の名前と同じだから(ネタバレ反転)」という方が大きい。

ストーリー

※以下ネタバレを含みます。

ネタバレ

日本の会社が展開している人形『チンポコモン』がサウスパークを始め、アメリカ中の子供達の間で一大ブームを起こした。チンポコモンのブームを知らないカイルはカートマンらにからかわれてしまう。親を説得して人形を買ってもらったものの、次は真珠湾を爆撃する内容のチンポコモンのゲームが流行しており、またもやブームに乗り遅れた。この時、ケニーはちらつくチンポコモンのゲームの画面を見て光過敏性発作を起こし倒れてしまう?
どんどんのめりこんでいく子供達は「チンポコモンキャンプ」に参加。実はこのキャンプは、社長の「ヒロヒト」率いる日本人工作員達が子供達を日本兵に洗脳するためのもとだった。子供達はすっかり日本かぶれになり、笑う表情が日本のアニメのような顔になるどころか、先生をさん付けで呼んだり、かけ算を日本語で解いたりと完全に洗脳されてしまう。
その様子を見て大人達は製造元の『チンポコモン・トイ・コーポレーション・カンパニー』に抗議したが、「貴方達のペ○スは私達日本人と違ってすごく大きい」と褒めたたえ、父親たちはすっかり機嫌をよくして抗議のことを忘れてしまう。
そして子供達は旧大日本帝国軍服を着た兵士になってしまい、片言の日本語で打倒米国を掲げて大行進。 子供達が戦闘機に乗ろうとした時、親達は一斉に「チンポコモンが大好き」とアピール。これは「親が禁止する物ほどクールで、親が勧める物ほどダサい」と言う子供達の価値観を逆手に取った作戦であった。作戦通り子供達はは「チンポコモンは時代遅れ」と言い洗脳は解け、危機は免れた。

解説

•本エピソードでのケニーの死因は「チンポコモンのゲームの画面が明滅する描写を見過ぎて発作を起こす」というもの。勿論これはあのポリゴンショック?を表しているものである。あの出来事は海外でも広く知れ渡っていたようだ。
•「チンポコモン」の名前の由来は「ポケットモンスター」が、アメリカのスラングで「(股間の)ポケットの中にいるモンスター」つまり陰茎を表す隠語であることから。
そのため、アメリカでは「Pokémon」の名称のみを固有名詞として使用している。
•作中の日本には要所に中国の文化も入り混じっているが、これは日本国外における「日本」の狭いイメージを皮肉ったジョーク。
•放送当時、ポケモンのみならず日本のアニメがアメリカでも異常なほど熱狂的であったため、「子供達が外国の文化にどんどん魅了され、国内に侵食される様を見せられる大人達の潜在的な恐怖」を皮肉った話である。*1

関連動画

関連記事

コメント

  • (カオス度が)イキスギィ! -- 雑魚 2021-01-05 (火) 19:38:35
  • 上から2番目の画像どんどん膨らんでるように見えるw -- ああ? 2021-02-21 (日) 11:34:51
  • 裕仁は草 -- ペンペン 2021-04-16 (金) 23:17:43

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: アニメ ポケットモンスター ポケモン パロディ 日本 サウスパーク


*1 ちなみに作者の一人のトレイ・パーカーはかなりの日本通であることで有名。