トロッコ問題

Last-modified: 2021-10-18 (月) 14:56:51

「人を助けるためには別の他人を犠牲にしていいのかを問う」倫理上の問題・課題のこと。
それが正しいか、間違いかに答えは存在せず、考えることそのものに意味がある。

問題の内容&投票

線路を走っていたトロッコの制御が不能になった。このままでは作業中の5人がトロッコに轢き殺されてしまう。

あなたが以下の状況に置かれているものとする。ただし以下の選択肢以外の行動はとれない。

パターン1

この時たまたまあなたは線路の分岐器のすぐ側にいた。あなたがトロッコの進路を切り替えれば5人は確実に助かる。ただしその別路線でも1人で作業しており、5人の代わりに1人がトロッコに轢かれて確実に死ぬ。あなたはトロッコを別路線に引き込むか?

選択肢 投票
引かない 13  
引く 16  

パターン2

あなたは線路の上にある橋に立っており、あなたの横に太った人がいる。太った人はかなり体重があり、もし彼を線路上につき落として障害物にすればトロッコは確実に止まり5人は助かる。だがそうすると太った人がトロッコに轢かれて死ぬのも確実である。太った人は状況に気づいておらず自らは何も行動しないが、あなたに対し警戒もしていないので突き落とすのに失敗するおそれは無い。あなたは太った人をつき落とすか?

選択肢 投票
落とさない 12  
落とす 13  

解説

両方答えてから開けてね♥

さて、上の2つの問題はどちらとも「5人死なすか、1人犠牲にするか」という点では全く同じである。
ところが、1番目の問題では切り替えて1人を犠牲にする方を選んだ人が多かったのに対し、2番目の問題ではなぜか1人を突き落とすことは許されないと答える人が多かったという。
そして、両方で選択肢が違う理由を問うと、なぜ違うのか答えることができない人が大半だった。

重要なのは2つの状況の違いで、前者は「自分はレバーを動かしただけで、直接殺したわけじゃない」と言い逃れできるのに対して、後者は明らかに自分の行為で他人を殺したという結果になるからと考えられている。
このような「1人vs5人」のジレンマを含む問題はいくらでも考えうるが、それらの選択のどれが許されてどれが許されないと考えられるかは問題の内容によって変わり、そしてどういった状況でどちらを選ぶか、一貫した基準を見出すのは困難だと言われている。

まあこんなこと実際に起きないでしょwww

大松「あったぞ」

アフガニスタン内戦で「レッド・ウィング作戦」というものがあったのだが、この作戦時の状況はトロッコ問題とかなり似通っている。下に詳述する。


この作戦はタリバンの幹部アフマド・シャーを排除するための作戦であった。参加したのは米軍SEALsだった。
第一段階の偵察要員として彼らは4人でシャーのいる村へと潜入したのだが、途中でその村の羊飼いに遭ってしまう。
そこで彼らは選択を迫られることになった。羊飼いを見逃すとタリバンに密告されてしまう可能性がある。そうなると彼らは包囲殲滅されてしまうかもしれない。しかし彼らは羊飼いを拘束する手段を持っていないので、羊飼いを村に帰さないようにするには殺すしかない。トロッコ問題と同じような状況である。
さて、彼らはどちらを選んだのだろうか?

選択肢 投票
見逃す 0  
殺す 2  

表示

結局彼らは羊飼いを見逃した。しかしこの代償は大きいものとなった。案の定羊飼いたちはタリバンに密告し、包囲され偵察の4名は包囲、隊長を除く3名は戦死*1。さらには救助に来たヘリが撃墜され16名が亡くなってしまう。
隊長も崖を転がり落ち匍匐前進で数マイルを進み脱出する羽目になった。後に隊長は回顧録で「私の人生でした決定の中で1番愚かで、非難されるべきものだった」と書いている。 
…まあただ、羊飼いが本当に密告するのか分からないという不確定要素や、交戦規定などの索漠もあったため一概にトロッコ問題と比較することはできない。

コメント欄

  • リアルでこんなことが起こらないことを祈る -- なりあさ 2021-10-17 (日) 07:20:18
  • ↑ありましたよ。リアルで。 -- 形跡 2021-10-18 (月) 00:27:52

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 問題 倫理 トロッコ トロッコ問題


*1 ちなみに相手は100名。