トンガリヤリマンボウ

Last-modified: 2021-07-27 (火) 14:32:56

この記事は日本語版Wikipediaに無いどころか、英語版Wikipediaにもありません。

トンガリヤリマンボウとは、マンボウの一種である。

詳細

学名は、Masturus oxyuropterus (Bleeker, 1873)
210cmの個体が発見されている
ピーター・ブリーカーによって1873年に発見された。
ヤリマンボウと比べて舵鰭の突出はゆるやかで、顎は突出する。

背ヒレとしりヒレと舵ヒレの軟条数は55~57本。
全世界の温帯と熱帯の海に生息し、日本にも生息する。
目の少し後ろのにはっきりとしたくぼみがある。

松浦は、ヤリマンボウとトンガリヤリマンボウが同種である可能性が高いを指摘した。
Tortoneseは、比較をしていないが、トンガリヤリマンボウをヤリマンボウのシノニム?と扱っている。

澤井は、ミトコンドリアDNAを使って調べたところ、
両種の特徴でヤリマンボウ属を分類することが出来ないと判明した。

コメント欄

  • トンガリ(意味深) -- 2021-07-27 (火) 14:32:56

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: マンボウ