ドラゴン

Last-modified: 2020-02-17 (月) 20:23:38

この記事はまだ作っている途中です。

概要 Edit

世界的にも有名な空想上の生物。

キリスト教が伝わる前は、火、水、風、土の四元素の化身や精霊として崇められていた。

キリスト教では、「悪」の象徴とされる。

西欧では、シャヴォンヌ湖の白い龍?やピラトゥス山の竜伝承に登場するドラゴンのように、人に危害を与えないドラゴンもいた。

北欧のドラゴンは、キレインキロインのようにワーム?型のドラゴンが多い。

ギリシア神話では、ラードーン?のように、何かを守っている竜が多数登場する。

種類 Edit

  • ラードーン?
  • ウロボロス?
  • シャヴォンヌ湖の白い龍?
  • ニーズヘッグ?
  • ドラゴンメイド?
  • タラスク?
  • アンフィスバエナ?
  • アンピプテラ?
  • 陀羅阿迦?
  • ドレイク?
  • ワイバーン?
  • ワーム?
  • レヴィアタン?

ドラキュラ Edit

ルーマニア語で、「竜の息子」という意味。
ヴラド3世がモデルになっていて、ヴラド3世も自身のことをドラキュラと称していた。

似ている奴 Edit

  • コエルロサウラヴス?
    ドラゴンと似たような姿をした生物。
    ペルム紀後期に絶滅。
  • トビトカゲ?
    インドネシアやマレーシア等に生息するアガマ科の生物。
    属名の「Draco」はラテン語で「ドラゴン」という意味。
  • コモドオオトカゲ?
    コモド島、リンチャ島、ギリダサミ島、ギリモタン島、フローレス島南部に生息している。
    現存するトカゲの中では最大級の大きさ。
    英名がKomodo dragon(コモドドラゴン)。

コメント欄 Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数 Edit

現在?
今日?
昨日?
合計?