ナイジェリアコビトカバ

Last-modified: 2022-01-22 (土) 16:10:48

ナイジェリアコビトカバとは、コビトカバの亜種である。この亜種は、おそらく絶滅したものと思われる。

詳細

少なくとも20世紀までナイジェリアコビトカバは別個の亜種とされていたが、その正当性には疑問が持たれている
学名は、Choeropsis liberiensis heslop

学名をHexaprotodon liberiensis heslopiとする場合があるが、この学名はシノニム?である

全ての動物園にいるコビトカバは、全てリベリア亜種である。

肉は、美味だったらしい。
香草を食べていたため、肉に香りがこもっていた。

形状

普通のカバ?より小さく、頭が細い
長時間水中にいるため耳や鼻を閉じる事が出来る。
足が小さいが、長く伸びる。
足先は太く、指の間に膜はほとんど無い
体重は、1080~70キロで普通のカバの10分の一以下。
生まれたてのナイジェリアコビトカバは、6キロしかない。

生態

ナイジェリアコビトカバはニジェールデルタ地帯、クロス川、特にポートハーコート付近で生息していた
川の近くの熱帯林を好んでいた。
1匹かつがいで生活していた。木の根や木の実を食べていた。

茂美に囲まれた湿地を好む。
1945年にナイジェリアで1930年代後半に採集された頭蓋骨の形態的特徴に基づいて新亜種として発表される
頭蓋骨を収集したと主張したI. R. P. Heslopにちなんで命名された。
I. R. P. Heslopは、収集したコビトカバの頭蓋骨4個をロンドンの大英自然史博物館に送ったと伝えられている。

絶滅

1945年にイギリスの植民地将校I. R. P. Heslopが確保した博物館用の標本を収集した以降、信頼できる報告が存在しない。
乱獲や水質汚染によって数が減って、絶滅した。
このナイジェリアコビトカバがまだ生存している可能性はほとんどないが、その存在があまりに知られておらず、記録もされていない。

コメント欄

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 動物 哺乳類 絶滅動物 亜種 カバ