ニホンアシカ

Last-modified: 2021-11-27 (土) 18:12:24


By Nkensei, CC BY-SA 3.0,

ニホンアシカとは、アシカ?の一種である。

詳細

学名は、Zalophus californianus
日本列島?朝鮮半島?周辺・千島列島?周辺・ロシア連邦極東の南海岸・カムチャツカ半島?に生息していた。

二ホンアシに関する情報はほとんどないが、カリフォルニアアシカ?と類似していると考えられている。
雄のニホンアシカは暗灰色で、体重は450~560kg、体長は2.3~2.5mに達したといわれている。
雌の体長は、約1.6mで雄より小さく、色は明るい。

海岸部で休息・繁殖する。
長い間、カリフォルニアアシカの亜種と見なされていたが、2003年の頭蓋骨の形態が違うことで、別種と判明した。

絶滅

20世紀から毛皮や脂をとるために、初期の数十年間に乱獲され、個体数が劇的に減少した。
1900年代に絶滅した。

最後に確認された報告は、1951年に竹島での50~60頭の報告である。
1974年と1975年にも目撃情報もあるが、詳細不明。

コメント欄

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 絶滅動物 動物 哺乳類 アシカ