ノコギリエイ

Last-modified: 2020-10-09 (金) 10:32:58

300px-Pristis_pristis_-_Georgia_Aquarium_Jan_2006.jpg

概要

ノコギリというより細いチェーンソーのような物騒な上アゴが特徴的な魚。
エイ自体がサメの仲間から分かれ、ノコギリエイはサメのような格好のまま進化したのでサメっぽいのだ。
ただしエイなのでエラは体の下にある。
 
大きさは2~3メートルくらいだが稀に5、6メートルクラスの大物もおり、1~2メートル程度のノコギリザメに比べると圧倒的に大きい。
 
ちなみにノコギリザメ]]のノコギリにはひげがあり、横のトゲも抜けても生え替わる。
だがノコギリエイは生え替わらない他、どのトゲも同じ大きさ(ノコギリザメはばらばら)。
そしてこのトゲはうろこが変化したもので、歯と同じエナメル質や象牙質でできている。
こんなもんを振り回されれば大人でも大ケガ、下手すると死人が出るくらい危険。
 
基本的に海水魚だが淡水でも適応でき、川や湖でも平然と泳いでたりする。
これは浸透圧といって、体の中の水分を調節(淡水なら水分を取り込み、海水なら水分を出して周囲の水と同じにする事が)できるから。

生息地は沖縄県の八重山諸島、オーストラリア周辺、インドネシア、ベンガル湾(インドの東側の海)など。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数 |現在|?|

今日?
昨日?
合計?

関連

タグ

Tag: 深海魚