ハルキゲニア

Last-modified: 2020-10-17 (土) 15:50:47

H._sparsa.jpg
ハルキゲニアとは、カンブリア紀の海に生息していた古代生物。バージェス動物群の一つ。
名前の意味は「幻覚が生んだもの」。体長1cmから4cm。カイメン類を捕食していたと考えられる。
ハルキゲニア・スパーサ(Hallucigenia sparsa)とハルキゲニア・フォルティス(Hallucigenia fortis)、Hallucigenia hongmeiaの3種類いる。
当時の体色はわかっていない。

発見史

  • 1911年に発見された。当時は逆さまに復元された。
  • 1980年代に上下逆さまであることが判明。
  • 1995年に澄江で第2の種ハルキゲニア・フォルティスが発見された。
  • 2012年第3の種hongmeia種が発見。
  • 2015年に前後も逆や細長い頭であることが分かった。

コメント欄


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数

現在?
今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: カンブリア紀 古生物 バージェス動物群