バッカルコーン

Last-modified: 2021-11-20 (土) 11:24:24

バッカルコーン(Buccal cone)とは、ハダカカメガイ亜科に分類される貝類が持つ触手である。

詳細

ハダカカメガイ(通称:クリオネ)は、頭の部分に3列6本ある。
イクオハダカカメガイは、2列で、オタマハダカカメガイ?は、2対4本である。

「口円錐」とも呼ばれる。
餌のミジンウキマイマイを捕獲するために使われ、鈎足を出し、軟体部を食べる。

普段は、頭部に、しまわれている。
バッカルコーンを出すと「悪魔の姿に変わる」とよく言われる。
過去には、トリビアの泉?で紹介されている。

エサが無くても、稀にバッカルコーンを出すことがある。

ネット上では、検索してはいけない言葉としても知られている。
検索してはいけない言葉wikiでは、一時期バッカルコーンのページがあったが、「ただのクリオネの習性で、動物の習性として特別ショッキングな訳でもない」という理由で、2020年4月に削除された。

動画

コメント欄

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: ハダカカメガイ 触手 検索してはいけない言葉