ヒゲクマ調教師

Last-modified: 2021-01-27 (水) 20:06:09


ヒゲクマ調教師とは、淫夢ファミリーの一人である。
演技力が高く、笑いのセンスがあること、後述のコントから、ヒゲクマ漫才師とも呼ばれる。

劇中では

デブ二人をそれぞれ赤豚、白豚と名付けて監禁し、SMプレイをするといった内容。
ヒゲクマの冗談抜きの迫真の演技が光る。

語録

  • なんだってテメェはそうケツに対して根性がねえんだ?
  • いじめられてどこが一番気持ちいいんだ
  • 見えねえってのは恐えなあ、 期待してんじゃねぇよ
  • おいおいおいおい、何やってんだ
  • あったまきた・・・(冷静)
  • 最早・・・戻れる場所なんて無いんだよ
  • 無理か分かんないだろ!
  • 千利休!(やればできる!)
  • 車で言えばどれくらいだ?
  • 生きてる証拠だよ

コント書き起こし

本作品中で行われているSMプレイは、大変危険を伴います。
責めの方法や器具の知識、経験なしに、真似をしないでください。
本作と同内容を実際にプレイされた際に起きた、いかなる事故・トラブルも、弊社は責任を負いかねます。




白「痛いです」
熊「どのぐらい痛い?」
白「いっぱい痛いです」
熊「車で言えばどのぐらいだ?
白「100km/hです」
熊「100キロじゃねえ! 車種で言え車種! 」
白「wwwww」
熊「わかんねえやつだな!」
(白豚にアイアンクローを決めるヒゲクマ)
白「www痛いですwww」
熊「ほら車で言えばどのぐらいだ?」
白「あ^~ベンツです」
熊「お^~いいねえ。わかりやすいねえ」
やっと解放される白豚
熊「え何、クラウンとか出てこないのはどうしてなの?(素)」
白「ハァ、クラウンよりベンツの方が高いからでsああっ」
(再びアイアンクロー)
白「痛いです!」
熊「俺国粋主義者だから」
白「はい」
熊「な。日本の車で言ってくれ、な」
白「すいません」
熊「お前アカ(共産主義)の方がよかったか?」
白「白(反共)でいいです」
熊「お~いい言葉だね」
白「はい」
熊「これ(アイアンクロー)が一番痛いのか?」
白「痛いです」
熊「ほ~、じゃさっきのバラ鞭はどれぐらい痛いの?」
白「同じぐらい痛いです」
熊「じゃこの鞭はどのぐらい?」
白「・・・mもっと痛いです」
熊「これ(ベルト)は?」
白「もっと痛いです」
(ベルト>縄鞭>アイアンクロー≧バラ鞭)
熊「じゃどれが一番痛いの?」
白「・・・最後のやつです」
熊「アイアンクローか?」
白「いや、紐です」
熊「紐?」
白「鞭です」
熊「どれこれ?(縄鞭)」
白「はい」
熊「あ~、じゃこれ(アイアンクロー)は痛くないんだ?よしよしわかった」
(再び迫るアイアンクロー)
白「いや痛いです」
熊「よしわかった。い~い子だねお前ほんとに」
白「ムーィ」
熊「んだ『もう』って、まだ力入れてないだろ?」
熊「あっこれ(こめかみのつぼ押し)か!(発見)これが良…」
白「無理ですもう!」
熊「 いや無理かわかんないだろう! 」
白「ハッー」
熊「ん~、これが良…」
白「許してください」
熊「じゃ許してほしければ、ほんとに心から許してくださいって言ってごらん」
白「許してください」
熊「ん?」
白「イッ許してください」
熊「お前さあ、 『ヒゲクマ様』の一言もないのかよ? 」
白「ヒゲクマ様許してください!YEAH!」
熊「じゃもう笑わないな?」
白「もう…」
熊「うん、もう笑わないって」
白「もう笑いません」
熊「おぉ、わかった。 笑ったらどうなるかわかってんだろうな? 」
白「はい!」
熊「はい」
熊「どれが一番痛かった?」
白「ハァ…ぅ、うんちです(難聴)」
熊「鞭?」
白「はい」
熊「鞭の痛さはどのぐらいだ!」
白「ハァー」
熊「車で例えるとどのぐらいだ?(ペチペチ)」
白「車だtセルシオぐらいです」
熊「お^~、YEAH!(満足)」
白「はい」
熊「だいぶ分かってきたじゃないか!」
白「はい!」
熊「やればできる!
白「はい!」
(唐突にアイアンクロー)
白「アィッ!?」
熊「これはどのぐらい痛いんだ?」
白「クrクラウンぐらいです」
熊「クラウンぐらいか(草)ちょっと待てよ、クラウンとセルシオどっちが高いんだよ?(冷静)」
白「一緒です(不覚)」
熊「そうだろお前漫才やってんじゃねえんだぞ」
白「アッー痛いです」
熊「これ(ベルト)は?」
白「痛いです」
熊「痛いですじゃない、これは何ぐらい痛いんだよ?」
白「これもセルシオぐらい痛いです」
熊「 セルシオばっかじゃねーかよお前ん家!何台セルシオ買えば気が済むんだお前ホントに 」
白「wwwムリィww」
(カメラと逆の方向に顔を向け笑いを隠そうとする白豚)
熊「座ってろ! 生きてる証拠だよ! 」
白「(笑うの)耐えられないです」
熊「耐えられない?」
白「はい!」
熊「耐えられない。じゃこのまま帰るか?」
白「帰…許してください!」
熊「このまま(全裸に緊縛)帰るんなら許してやるよ!え?このまま帰るのか?」
白「ハイ…」
熊「どっちだ我慢すんのか、このまま帰るのか?」
白「ガマンシマス…我慢します!」
(アイアンクローの構え)
白「YEAH…」
熊「いいんだな?(確認)」
白「ハイ…」
熊「いいんだな?(再確認)」
白「はい!」
熊「これいいんだな?」
白「はい」
熊「ホントにいいんだな?」
白「はい」
(言い終わらない内にアイアンクロー)
白「ううあああ~(ゴキゴキ)うああっ!許してくだっ!いったい!あ゛~目が」
熊「本当に(聞き取り困難)」
白「あ!あ^~~~~!嗚呼もう許してください!カkkkッ!アッー!」
熊「可哀想に…こんなに酷い目に遭って、ん?」
白「もう駄目ス…(瀕死)」
熊「もう駄目か…」
熊「ちょっと休憩してろ」
白「ハイ…」
熊「あぁ」
熊「あら!…お前一部始終見てたのか?」
赤「ハイ…」
熊「どう思う?」
赤「慈姑(怖い)です…」
熊「偉いなお前は笑ったりしたいもんな」
赤「税…」
熊「うーん…」
(アイアンクロー)
赤「gg!…フーッ…!」
熊「大したもんだな…!」
熊「泣き声一つ出さないってのは大したもんだ」
熊「赤で、上下お揃いになって、ご機嫌か?」
赤「ヘイ…」
熊「ん~?」
赤「ウッ…」
(荷物置きと化した白豚)
熊「痛いか?」
赤「…へい!」
熊「我慢できるか?」
赤「へい!!」
熊「お~!」
熊「漢だなぁ!」
熊「赤豚ァ!!」
赤「へい!!」
熊「お前は漢だな!」
赤「へい!!!」
熊「ウーン…良゛い゛…イ゛イ゛な゛ぁ゛…イ゛イ゛な゛ぁ゛!(喜色満面)」
熊「これ(バラ鞭)じゃあモノ足んねーか?」
赤「いや~…」
熊「よしよし解った遠慮すんなや」
赤「ウッ!、イッ!…ウッ!!」
赤「ウッ!!!(クリーンヒット)」
熊「ハッハッハッハッハッハッハッハ!!!」
熊「久しぶりの逸材二匹、ん?、素晴らしいね?」
(アイアンクロー)
赤「ウゥエ…kフゥーン…kh…k…」
熊「ごめんなさいも許してくださいの一言もないお前は本当に美しい…(嘆美)」
赤「アァ、ウ!!う!ハァハァハァハァ…」

~~赤豚ロウソク責め編~~

熊「えー、赤には赤(ハムラビ法典)」
熊「まぁね豚風情のお前がこんなにまで気ィ遣ってもらえんだから、有難く思えよ」
熊「こりゃなんだか分かるか?」
赤「ウッ!」
熊「ん?こりゃなんだか分かるか?」
赤「ロウソクです」
熊「うーん、なかなかだな。さてはあなた、こっそりなんかで遊んでんじゃないですか?ん?」
赤「うん…」
熊「熱いのか熱くないのかなんか言ってみろや」
赤「ブフ…」
熊「『ウー』じゃねぇんだ、熱いのか熱くないのか言ってみろよ」
赤「アツいです…」
熊「あぁ、なかなか素直じゃねぇか」
熊「どうなんだよ!」
赤「アツいです…」
熊「お前の背中にはこの赤いのがバッチリよく似合う(梅毒)」
熊「なんとか言ってみろ」
熊「どうしたんだ?」
赤「熱い…」
熊「何?」
赤「熱いです…」
熊「熱い?」
熊「なんで熱いんだよ?」
赤「ロウソクが…」
熊「おう、分かってんじゃねぇか」
熊「原因も分かんねぇで熱かったら困っちまうからな(マクスウェル)」
赤「アッツいです」
熊「おう」
熊「その割にはハァハァ(聞き取り困難)」
熊「お~~~ぇ」
赤「ウッ!、ウハ…逢う!」
熊「おうココらへんが弱いのか」
赤「アツイ…」
熊「ココらへんが弱いのかって俺は訊いたんだ」
赤「熱いです!」
熊「苦しがってないで色々答えてくれや」
赤「熱いですあ゛ーーう!」
熊「どしたんだ?」
赤「ア゛ツ゛イ゛!」
熊「うん、そりゃ熱いだろ」
赤「あっ?」
熊「どした?この辺は嫌なのか?」
(汗でテカった脚がエロい)
赤「アツイ…熱いです…」
熊「動くな!」
赤「憂…」
熊「良いよ、どんどんお前色が付いてくよ」
熊「どした?」
赤「アツイ…」
熊「熱いしか言わなくなったじゃねぇか」
熊「それでもまだまだ我慢できんだから大したもんだな」
赤「う゛ぃ゛~!」
熊「何?」
赤「うん!」
赤「あぁ^~~熱い?」
熊「何?」
赤「熱いです!」
熊「うん…」
熊「だからどした?熱いしか言わないんだったら何も変わんねぇぞ」
赤「えぇ!?、マジ!?(驚愕)」
熊「熱いのと痛いのとどっちがいいんだ?」
赤「どっちも嫌です」
熊「ん?」
赤「ブワ!アォン!ウ!オォン!、い…」
熊「良゛い゛ね゛ぇ゛…」
赤「イ゛ッ…アツイ…あぁん//…」
熊「えー、手とかそういうとこも感じるのか?」
赤「ンアッー!!(≧д≦) はぁ…うわぁ!!グガ!ブフグフ…(豚)」
熊「五月蝿いよ…」
熊「どした?」
赤「アツイ…」
熊「ん熱いの嫌か?」
赤「アウ!ハァ…」
熊「何?」
赤「勘弁してください…」
熊「何を?」
熊「熱いの嫌なのか?」
熊「まだここ掛かってなかったなぁ」
熊「どうする?どうするここ?」
(褌に引火しかける)
熊「うーん…」
赤「アァツイ…ウワー!」
熊「どした?」
赤「アウ!!」
熊「どしたんだ?どうしたんだ?」
熊「え~慣れるってのは凄いもんだなぁ」
熊「うんとかすんとか言ってみろよ」
赤「うん…」
熊「慣れるってのは凄いもんだな?」
赤「エイ!」
赤「NOW!NO!(ネイティブ)ウ…!熱い!」
熊「熱いのか?」
赤「ダイジョウブデス…」
熊「えいしょ(背中にロウソクを置く)」
熊「そのまま待ってろや」
赤「税…」
熊「熱いの慣れてきたのか?」
赤「い゛い゛…」
熊「ふーん」
熊「でもなぁ、こういう敏感なとこはどうなんだろうな?」
赤「うわぅ!」
熊「ん?」
熊「良い声出すなー!」
赤「ア!ツイ!」
熊「熱いか…」
赤「熱いです…ア゜↑!!!」
熊「良いねぇ…」
赤「ゥゥィ」
熊「ああ悪かった悪かった」
(ペットボトルで水を掛けるヒゲクマ)
赤「ヴェ゛エ゛エ゛エ゛ア゛ア゛!!!あぁ!ううわ!!」
熊「ヌッフッフッフッフッフッフッフ…」
赤「わああああ!!!ヌフ…ウゥ…」
熊「熱いって言うから冷たくしてやったんじゃねぇか…苦しいか?」
赤「ghh…う゛わ゛あ゛あ゛!!!うわ!ヌッ…」
赤「熱いでウワアアアアア!!」
熊「熱いのか?熱いのか冷たいのかどっちだ?」
赤「判んないです」
熊「うーん、じゃあ分かるまでヤり続けるかァ」
熊「ん?熱いのか冷たいのかどっちだ?どっちだ?」
赤「…熱いです…」
熊「熱いか、うん、そりゃそうだ、うん…どっちだ?」
赤「冷たいです(ロウソクを当てられて)」
熊「冷たいか…あ~、可哀想に…(憐憫)」
熊「これでも冷たいのか」
熊「ん?どうした冷たいのか?」
赤「ア゛!ツメタイデス…」
赤「あっつ↑いです!!!!」
熊「どした?」
赤「ぶるあああ!how…」
熊「我慢強いなぁ普通はもう許してくださいって言うんだけどな」
熊「言わないのか、大したもんだなぁ」
熊「これ一本我慢できるのかお前、いいのか?…どっちなんだ?」
赤「許してくdヴわあああ!!(許キャン)」
熊「言わないとは大したもんだねぇ…(鬼畜)」
熊「なかなかの逸材、どうだお前専属にならねぇか?俺の、ん?」
熊「戦族にならないかって俺は訊いてんだけどォ」
赤「デェア…」
熊「千束にならないか?」
赤「勘弁してください…勘弁してください」
熊「洗足になるか?」
赤「勘弁してう゛わ゛ア゛ッ゛ツ゛ゥ゛!!!(誘導尋問)」
熊「どした?」
赤「ウワウーン、q、ア…成増…(掌返し)」
赤「うん!」
熊「なんでも言うこと聞くか?」
赤「はい!」
熊「なんでも言うこと聞くのか?」
赤「はい!!」
熊「ん?どっちなんだ?」
赤「もう、言うこと聞きイヤッ…あぁんッ♡…」
熊「ん?」
赤「言うこと聞きます…」
熊「何?」
赤「あぁん///…言うこと聞きます…」
熊「言うこと聞くのか?」
赤「税!」
熊「アァ…俺さァ、お前ら豚同士がさァ、慰めあってるの見てみてェんだけどよォ」
熊「ヤリたい~?ヤリたい~?」
赤「へェい…」
熊「どっち?」
赤「Y!!」
熊「どっちだよ?」
赤「ヤラしてください…」
熊「何?」
赤「ヤラしてください…」
熊「お~…もう一回訊きてぇなぁ、豚同士どうしたいんだ?」
赤「ヤラしてください…」
熊「何を?」
赤「あぁ、ア゛!ア゛ツ゛イ゛!あぁ…あぁ…」
熊「豚同士で?」
赤「慰めあわせてください…」
熊「楽しませてもらおうじゃねぇか」
赤「ウラン!!」」
熊「その言葉に二言は無いんだな?」
赤「税…(ペチン!)アッ!!」
熊「もう一度訊くゥ豚同士で?楽しませてくれるんだな?」
赤「はい!税!ウッ!!」
熊「豚同士で楽しませてくれるんだな!?」
赤「Y゛!!!」
赤「ア゛!Ура!Урааа!!(アカ豚)」
赤「ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…ハァ…」

出演作品

  • ヒゲクマ調教師
  • 体育教官調教2

関連動画

車で言えばどのくらいだ?

選択肢 得票数 得票率 投票
お前ん家セルシオばっかだなぁ! 805 41.8%
おまんこぉ^~(気さくな挨拶) 340 17.7%
100kgです 229 11.9%
セルシオぐらいです 148 7.7%
唐澤貴洋 38 2.0%
学生です 32 1.7%
90式戦車くらいです… 29 1.5%
プリウス 25 1.3%
ヤクトティガ! 25 1.3%
くっさい投票はーつっかえやめたら? 24 1.2%
クラウンぐらいです 24 1.2%
パッソ... 20 1.0%
CX-8ぐらいです 17 0.9%
ボンゴフレンディぐらいです 16 0.8%
知wらwなwいwよwwwww 15 0.8%
パッソ… 12 0.6%
だ↑ま→れ↓ 11 0.6%
いっぱい痛いです 10 0.5%
100kmです… 9 0.5%
センチュリーぐらい 8 0.4%
フェアリーナイトメアを食らったレベルで痛いです(レ) 7 0.4%
ランサーです 6 0.3%
(ランボルギーニ)ミウラさん… 5 0.3%
パガアッーニゾンダアッーです 5 0.3%
ブガッティです… 5 0.3%
100万で決まりだぁ! 4 0.2%
S660です... 4 0.2%
お前漫才やってんじゃねぇんだぞ 4 0.2%
アテンザ・・・ 4 0.2%
エンジン全開! 4 0.2%
コーブラ~(ア) 4 0.2%
京急2100です… 4 0.2%
野獣先輩 4 0.2%
スペーシアギア 3 0.2%
ワゴンRくらいです 3 0.2%
警察だ!(パトカー) 3 0.2%
334 2 0.1%
 廃 車 確 定  2 0.1%
あんかけチャーハン 2 0.1%
アイアンマン! 2 0.1%
カスが効かねぇんだよ(無敵) 2 0.1%
キューピー あらびきマスタード 2 0.1%
コブラです… 2 0.1%
ヒゲクマ様です 2 0.1%
ヴェネーノくらいです... 2 0.1%
14万3000円です 1 0.1%
S2000 1 0.1%
その他
投票総数 1926

コメント

  • あなたには死んでもらいますはどこで聴けるの・・・? -- レンチンコング? 2018-07-01 (日) 15:12:14
  • (^-^ -- 2019-05-18 (土) 18:37:37
  • 書き起こし乙です -- デンガー 2020-08-30 (日) 00:03:17
  • 髭熊様本当好きオイラも調教されたい -- 2020-10-10 (土) 09:57:09
  • このやり取り、そこらの芸人よりよっぽど面白い -- 名無し? 2021-01-19 (火) 23:57:06

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 真夏の夜の淫夢