ヒバゴン

Last-modified: 2022-07-04 (月) 18:49:58

ヒバゴンとは、日本の獣人系の未確認生物である。

詳細

広島県の比婆山一帯に生息。西城町(現:庄原市西城町)を中心に目撃された。

身長が1.5~1.7m。
毛の色は、黒か茶色で、頭は逆三角形。顔つきは人間に似ている。

1970年7月20日夜に初めて目撃された。1975年には写真が取られた。

出没から約5年の1974年10月に目撃が途絶え、今までに29件目撃されていた。
1982年に広島県山野町で類似する獣人が目撃されて、「ヤマゴン」と命名された。また1982年には広島県久井町でまたしても類似する獣人が現れ「クイゴン」と名付けられた。

ヒバゴンの目撃は相次ぎ、全国的に報道され旧西城町役場では「類人猿係」を設置した。
「迷惑料」として、町が5千円を目撃者に支払っていた。
1980年を最後に目撃情報が途切れている。

コメント欄

  • 最初カビゴンかと思ったw -- りんまり。 2021-07-20 (火) 17:05:48
  • 町が目撃者に5千円払ってて草 -- りんまり。 2021-07-20 (火) 17:10:11
  • これ四八に出たやつだっけ?それはジャンラインだっけ? -- 2021-07-21 (水) 01:56:23

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 未確認生物