フィンセント・ファン・ゴッホ

Last-modified: 2021-11-30 (火) 21:33:26

忙しい人のためのゴッホ

説明しよう!!ゴッホとは!!
昔のえらい画家のことだ!!
ひまわりとか描いた人だ!!!
ゴッホより!!普通に!!ラッセンが好き!!!

概要

フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent Willem van Gogh、1853年3月30日生・1890年7月29日没)とは、オランダ生まれの画家。ポスト印象派*1を代表する一人である。

奇行のエピソードが複数残っており気難しいイメージを持たれるかも知れないが、独特な表現力を活かした情熱的な絵がは後世で高く評価され、作品の中には億単位の価格で買い取られたものも存在する。

彼の残した絵がには眩しい黄色と厚い筆跡がみられることから、しばしば「炎の画家」とも謂われる。

生涯

  • 1853年3月30日(0歳)…オランダ南部、北ブラバント州ブレダに近いズンデルトの村牧師の父の元に産まれる。
    • 癇癪を起こしたり、何も告げずに独りで外出したりと幼少の頃から強烈な癖のある性格であり、家政婦はかなり手を焼いたという。
  • 1869年(16歳)…伯父のグーピル商会に勤め始めるが、伯父とはうまくいかず不仲。孤独感を深める。
    • この頃から弟のテオと親しくなり、書簡のやり取りが始まる。テオはゴッホの数少ない理解者であり続けた。
  • 1876年(23歳)…商会を解雇させられる。勤務態度の悪さに加え、クリスマスに無断欠勤したことが主因か。その後しばらくは牧師として働いた。
  • 1880年10月(27歳)…画家を目指すことを決心し、ブリュッセルでデッサンの勉強を始める。アカデミーにも短期間出席した。
  • 1881年4月(28歳)…経済的に困窮し実家に戻る。
    • 約10年間に計2000点*2もの作品を残すが、生前に売れたのはたったの1枚だった*3
  • 1888年10月23日(35歳)…ポール・ゴーギャンとアルルにて2ヶ月に及ぶ共同生活を始める。
    • が、価値観の違いから次第に緊張が走る。
      12月のある日、ゴーギャンに「自画像の耳の形がおかしい」と指摘される。するとゴッホは、自分の左の耳たぶを切り取った挙げ句、何を思ったか小間使いの女性に送り付けるなど精神を病み始め、サン=レミ=ド=プロヴァンスのアルル市立病院に入院(所謂「耳切り事件」)。
  • 1890年7月27日(37歳)…パリ郊外で猟銃で自分自身を射撃、2日後死去(享年37)。

その他

  • 1888年の「耳切り事件」以後は発作に苦しんだ末、2年後に銃自殺を試み死亡した。発作の原因はてんかんとする説と統合失調症とする説が最も有力である。

著名な作品

『自画像』(1887年春)

引用

『星月夜』(1889年6月)

1889年6月、フランスサン=レミ=ド=プロヴァンスのサン=ポール・ド・モゾル修道院の精神病院で療養中に描かれた。1941年、リリー・P・ブリス遺贈。ニューヨーク近代美術館の永久コレクションである。引用

『夜のカフェテラス』(1888年9月)

油彩。クレラー・ミュラー美術館蔵。南フランス・アルルの星空の下、人でにぎわうカフェが描かれている。引用

コメント

  • 文章が敷き詰めてあったり同じ文が2つあったので修正&改行。 -- 昇華職人 2018-01-18 (木) 20:14:41
  • ありがとなす! -- ライキ 2018-01-18 (木) 20:30:38
  • [2]って何ですかねぇ……(呆れ) -- オトメロン奴隷 2018-01-18 (木) 22:10:09
  • 「ゴッホより~普通に~」とかあったね なんだっけあれ -- ちゃぶ台問屋? 2018-01-18 (木) 22:17:53
  • ↑永野 -- ナマコ 2018-01-18 (木) 23:33:17
  • ↑それだ
    さんくす -- ちゃぶ台問屋? 2018-03-05 (月) 17:24:56
  • 概要節Wikipediaからの無断転載でこりゃアカンと思い、勝手に全面改稿(なにか問題があれば差し戻していただいて結構です)。 -- 2019-12-05 (木) 19:51:37
  • ゴッホは画家としては認定されてなかったんだよなぁ・・・・ -- 名無し? 2020-01-26 (日) 21:24:47
  • 最初の方で笑ってしまったんですがそれは…(困惑)作者がラッセン好きということはよ~く分かりました。 -- ごまこま 2021-11-30 (火) 21:33:26

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?
 
 
 
 
 
 
 


*1 ゴッホの他にはセザンヌなどが居る。1880年代に活躍したが家の中で、印象派の特徴を引き継ぎつつも、各々の技法を生み出した者達を指す。
*2 素描900点・油彩1100点
*3 ただし、晩年には好意的な評論も出始めていたが