Top > フリッツ・エーリッヒ・フォン・レヴィンスキー・ゲナント・フォン・マンシュタイン


フリッツ・エーリッヒ・フォン・レヴィンスキー・ゲナント・フォン・マンシュタイン

Last-modified: 2019-11-14 (木) 08:00:52
E346F8BA-D69E-4B37-9A7E-DEAFA64AAA6E.jpeg

フリッツ・エーリッヒ・フォン・レヴィンスキー・ゲナント・フォン・マンシュタイン(Fritz Erich von Lewinski genannt von Manstein, 1887年11月24日 - 1973年6月10日)は、ドイツの陸軍軍人、貴族。最終階級は元帥。
第二次世界大戦で活躍した将帥たちの中でもとりわけ「ドイツ陸軍最高の頭脳」とも呼ばれるほど有能な将帥として知られる。彼は西方電撃戦の立案者であり、後にクリミア半島とレニングラード攻撃を指揮し、その後、スターリングラード攻防戦後に優位に立った赤軍の攻勢を食い止め、第三次ハリコフ攻防戦でハリコフを陥落させた。これは緒戦におけるキエフ包囲戦に並び、東部戦線におけるドイツの最も大きな勝利の1つである。
彼は最高指導者であるヒトラー?の決定に逆らわなかったが、対案を具申し、ヒトラーに対してはっきりと意見を開陳する数少ない将軍の1人だった。その名将ぶりは戦時中のアメリカでも知られ、「タイム」でも醜悪な顔に描かれることなく毅然とした顔で表紙を飾り、「我らの最も恐るべき敵」と評された。

コメント欄 Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数 Edit

現在?
今日?
昨日?
合計?

タグ Edit

Tag: ドイツ帝国陸軍 ドイツ国防陸軍