Top > ブリティッシュ・エアウェイズ5390便不時着事故


ブリティッシュ・エアウェイズ5390便不時着事故

Last-modified: 2019-11-17 (日) 12:07:05
DF10878B-16D4-48D3-96A3-FD3BAA67AEA4.jpeg

ブリティッシュ・エアウェイズ5390便不時着事故とは、人間卒業試験である。

フィクションじゃないのかよ!騙された! Edit

1990年6月10日にイギリスで発生した航空事故。事故を起こしたブリティッシュ・エアウェイズ5390便はイングランドのバーミンガム空港からスペインのマラガ空港への便であった。
不適切に装着されていた操縦席の窓ガラスが吹き飛んで、ティム・ランカスター機長?の半身が機外へ吸い出され、機内は急激な減圧にあった。しかしアラステア・アチソン副操縦士の類稀なる精神力と巧みな操縦により、運航乗員は1人も死者を出すこと無くサウサンプトン空港に緊急着陸した。

さらに驚くべきことに、この事故の5ヶ月後にランカスター機長は再び仕事に復帰している。なんなんだアンタ

メーデー! Edit

コメント欄 Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数 Edit

現在?
今日?
昨日?
合計?

タグ Edit

Tag: メーデー!