ブルガリア

Last-modified: 2022-01-19 (水) 19:52:01

ブルガリア共和国(ブルガリア語:Република България)は、バルカン半島に位置するヨーロッパの共和制国家である。

ブルガリア共和国
国旗
基本情報
公用語ブルガリア語
首都ソフィア
最大の都市ソフィア
面積110,993.6㎢(102位)
人口7,101,859人(100位)
通貨レフ(BGL)

国民

民族

ブルガリア人(約80%),トルコ系(10%),ロマ(推定約10%)等

言語

ブルガリア語

宗教

大多数はブルガリア正教(ギリシャ正教等が属する東方教会の一派)。他にイスラム教徒,少数のカトリック教徒,新教徒等

国祭日

3月3日(オスマン帝国からの解放記念日)

略史

・681年
第1次ブルガリア帝国成立(~1018年)
・1185年
第2次ブルガリア帝国成立(~1396年)
・1396年
オスマン帝国による占領(~1878年)
・1879年
ブルガリア公(王)国成立(~1944年)
・1944年
共産主義政権成立
・1946年
ブルガリア人民共和国成立
・1989年
共産党独裁体制終焉
・1991年
民主的な新憲法採択
・2004年
NATO加盟
・2007年
EU加盟

経済

2008年の年末以降,世界金融危機の影響を受け外国投資が大幅に減少し,2009年は-5%のマイナス成長となって以降,その後2014年まで経済成長率は0~1%台と低迷していたが,2015年に3.6%となって以降は順調に経済成長が続いている。近年は特にEU諸国との貿易投資関係が進んでいること,また,最低賃金や年金の引き上げ,EU基金の消化が進んだことによる公共事業投資等により内需が拡大し,経済成長率は4%をうかがう勢いになっている。また緊縮財政を継続し健全な財政運営に腐心しており,ユーロ圏加入が課題である。中・長期的には,人口流出等に伴う労働力の不足傾向が懸念材料であり,労働集約型産業からの脱却が急務となっている。

主要産業

農業(穀物・酪農),工業(化学・石油化学,食品加工)

GDP

649.6億ドル(2018年,IMF)

一人当たりGDP

9,270ドル(2018年,IMF)

経済成長率

3.2%(2018年,IMF)

物価上昇率

2.6%(2018年,IMF)

失業率

5.2%(2018年,IMF)

総貿易額

輸出
267.06億ユーロ(2017年,ブルガリア中央銀行)
輸入
302.09億ユーロ(2017年,ブルガリア中央銀行)

貿易品目

(1)輸出
機械類,石油製品,鉱物燃料,化学製品
(2)輸入
原油・天然ガス,機械類,運送設備

貿易相手国(2017年)

(1)輸出
ドイツ(13.4%),イタリア(8.3%),ルーマニア(8.1%),トルコ(7.8%),ギリシャ(6.4%)
(2)輸入
ドイツ(12.2%),ロシア(10.2%),イタリア(7.2%),ルーマニア(7%),トルコ(6.3%)

通貨

レフ(複数形:レヴァ)

為替レート

1ユーロ=1.95583レヴァ(固定相場制)

コメント欄

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: ヨーロッパ