ベンガルトラ

Last-modified: 2022-01-07 (金) 18:05:18


ベンガルトラとは、トラの亜種である

詳細

英名はBengal Tiger。
学名は、Panthera tigris tigris (Linnaeus, 1758)。

インドネパールなどの森林地帯に生息している。
野生のトラの半数は、ベンガルトラである。
寿命は、8~10年。推定個体数は、約2,500頭。

体長は、230~300cm(♂)で、180~230cm(♀)。
体重は、180~230kg(♂)で、90~180kg(♀)。

2017年、ネコ専門家グループのネコ分類作業部会は、ネコ科の分類法を改訂し、
アジアに生息する亜種は、Panthera tigris tigrisであるとしている。
2018年に発表された遺伝子研究の結果では、32のトラ標本の全ゲノム配列解析に基づいて、6つの単系統クレードを支持した。

体色は赤黄色で腹部は白い。黒い縞があるが、腹部は薄い。
妊娠期間は約100~110日で平均2~3頭の子供を出産。
毛は短い。
大人のトラは両耳の後ろに白い毛の斑点があり、暗いところでも子供を追いかけやすいようになっている。

レッドリストには、EN(絶滅危惧亜種)に指定されている。
白変種?のベンガルトラはホワイトタイガーと呼ばれ、薄い金色のベンガルトラは、ゴールデンタビータイガーと呼ばれる。

コメント欄

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 動物 哺乳類 ネコ科 トラ 亜種 トラの亜種