ホワイトタイガー

Last-modified: 2021-09-20 (月) 07:37:30

※この項目では、ネコ科の動物について説明しています。
けものフレンズにおけるホワイトタイガーについては「ホワイトタイガー(けものフレンズ)?」をご覧ください。


ホワイトタイガー(White tiger)とは、ベンガルトラ*1白変種?である。

詳細

アルビノ?ではない。
別の亜種とは見なされていない。

10,000 回の出産に1回程度しか自然に発生しない。
体毛は白色かクリーム色で、普通のトラ同様に黒の縞模様がある。縞模様は、茶色や薄い個体もいる。
鼻や肉球はピンク色。目は、アイスブルー。

独特の体色のため珍重されてきた
ホワイトタイガーの遺伝子を持つタイガーが捕獲されるようになり、
インド北部や中東部に数頭生息していたがホワイトタイガーは野生絶滅した。

動物園や動物ショーのために飼育することがある。
飼育されているホワイトタイガーは、近親交配することが多く、
遺伝的欠陥と生殖能力の低下、および身体的欠陥を懸念する人もいる。

現在、日本に約35頭、世界でも約250頭飼育されている。

関連項目

コメント欄

  • アルビノと白変種の違いが分からん上に亜種でもないとなるといよいよ素人にはわけがわからんな -- 2021-06-06 (日) 09:57:26

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 動物 トラ ネコ科 白変種


*1 アムールトラの白化個体の目撃情報もあるが、不確かな記録である