ボルネオゾウ

Last-modified: 2022-01-22 (土) 14:26:37

ボルネオゾウは、アジアゾウの亜種である。

概要

名前の通りボルネオ島?の北東部のみ生息し、低地を好む。

17世紀にイギリスのある会社がスールー王国へ贈ったゾウの生き残りとされていたが、2003年にDNA解析をした結果、アジアゾウと分かれたのは、約30万年前であることが判明した

体は、丸っこい。
体長は2.5mであり、他のアジアゾウと比べて小型。
顔は小さく角張っており、尾は長く、牙はまっすぐ伸びる。

気質はさらに穏やかである。
2003年にDNA検査によって亜種であると判明した

密猟や生息地の減少の影響で個体数が減っている。
日本では、福山市立動物園?で推定23歳の雌の個体「ふく」のみが飼育されている。

コメント欄

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 動物 哺乳類 ゾウ ボルネオ島