ポケットモンスター(アニメ)

Last-modified: 2021-12-07 (火) 14:57:38

このページは編集希望のページです。可能な方は加筆をお願いします。


概要

『ポケットモンスター』は、株式会社ポケモンと任天堂より発売されているゲームソフト『ポケットモンスター』シリーズを原作とするテレビアニメ。
略称にアニポケなどがある。

シリーズ

原作にあたるゲームシリーズに合わせて主人公サトシの冒険する舞台が変わる。その変化に合わせて冒険に同行するメンツやポケモンも変更される。
声優に兼役が多いアニメでありながらその配役が明かされない。例としてシロンの声優が上げられる。この例ではキャラの登場から50話以上経ってようやくマオが声を発さないかつシロンが登場する回が訪れ、上田麗奈と判明した。
以下にシリーズを説明する。

ポケットモンスター
無印。ゲームでの赤緑~金銀の二世代に跨って展開されたシリーズ。世界的に展開する想定がなされていない頃の作品なので独特の作風の話も多い。
アドバンスジェネレーション
AG。第三世代。FRRGの展開に合わせて初代ポケモンの登場も見られた。
ダイヤモンド・パール
DP。第四世代。HGSSに合わせて第二世代ポケモンも推される。
BW
第五世代。従前のお決まりの展開にメスを入れるが不評を買い、さらに東日本大震災の影響で予定していた展開も変更を余儀なくされた。
XY
第六世代。以前より存在した作画枚数制限が撤廃される(妖怪ウォッチに人気を揺らがされた影響と思われる)。サトシをリーグ優勝させないよう上から圧力があったらしいことが制作陣から発せられる。
サン・ムーン
SM。第七世代。サトシが拠点をひとつに決め、従前の旅スタイルの作劇が廃止させる。
ポケットモンスター
新無印。タイトルが一新される。しかし無印~サンムーンまでの続編であることが明確に作中に示されている。ポケモンGOの要素も追加され、第八世代の舞台であるガラル地方以外の全地方を冒険する。

各シリーズで三本程度のアニメ映画、劇場版ポケットモンスターが放映される。

登場人物

サトシ
このアニメの主人公を務める少年。相棒のピカチュウと共にポケモンマスターを目指す。名前は田尻智*1が由来となっている。
初対面の人に対して「俺はマサラタウンのサトシ!」と田舎出身であることを告げることが多い。この自己紹介は故郷を出てすぐの街でジュンサーさんに不審人物と疑われた際に出身を告げて事なきを得た経験に起因していると思われる。
ルーキーながらポケモンリーグでは上位に食い込むなど頭角を現しており、ついにアローラポケモンリーグ初代チャンピオンに輝く。オレンジリーグを制覇したのち、フロンティアブレーンを全員打ち倒した名誉トレーナーでもある。
コンテストでもハルカと優勝を同賞に勝ち取る。
ヨーギラスを軽々と持ち上げるなどの並外れた身体能力からスーパーマサラ人の血統だと疑われている。
なお、ポケモンマスターが指す意味はサトシしか知らないらしい言動が周囲の人物から寄せられている。
タケシ
ニビジムのジムリーダーを務める少年。多くの兄弟を抱えながらも長らく親が不在であった境遇により家事に長けている。
母親を求める深層心理から年上の女性に対して目がなく、初対面であろうとすぐさま口説きにかかる胆力を見せる。そのたびに同行者からお叱りを受けている。
OPにて作ったシチューは数知れず。
お前ら人間じゃねぇ!の生みの親。
サトシに初のお情けバッジを渡した正妻。サトシと共に高速移動ができる。
カスミ
ハナダジムのジムリーダーを務める少女。一話に登場するやいなやサトシにビンタをお見舞いするが、自転車を借りパクされた挙句ぶっ壊される憂き目に合う。その弁償代を受け取るためサトシと旅を共にする。
サトシとの関係はあくまで友達であると首藤剛志から明言された悲しきヒロインにしてハナダジム美人三姉妹の出がらし。
へそ出しファッションが保護者の目に晒されるとアニメの存続が危ういのでトゲピーを抱えさせて隠すという画策が巡らされたおてんば人魚。ニャースは犠牲になったのだ。
ギャラドスが苦手だったが克服し、サンムーン編ではメガギャラドスと共にバトルに臨む姿を見せる。
お情けバッジ第二号。
ロケット団
ポケモンの世界では(知らん間に世界的になってた)悪の組織を指す名称だが、アニメにおいては特にムサシ、コジロウ、ニャースのことを指す。
ギャグもシリアスも何でもござれ、悪事以外なら何でもできる三人組。子供から見た大人像をそのままもってきたような人物像をしている不器用な大人たち。そしてニャースは人語を介す。ゆえにサトシよりもピカチュウの理解者であるのだが…首藤剛志氏が亡くなったのでこのエピソードが語られることもないのだろう。
オーキド博士
ポケモンの権威。サトシの親父は蒸発しているためサトシのママと共に親のような目線で接している。…のだがある事情で友達でもあるユキナリくん。いとこにナリヤオーキドがいる。
とてつもなく広いオーキド研究所と押し付けられてなおも肥大化するそこに暮らすポケモン達の世話と研究を行う。
シゲル
サトシの最初ライバル。ファンクラブができるほどの人気があり、キザなあんちくしょーだったが、研究者としての道を歩み出すと別人のように達観してしまう。ほんとにサトシと同い年か?名前は宮本茂*2が由来。
サカキ
ムサシたちの属する組織のボス。ムサシたちにはあまり興味がないらしく数々の失敗を把握していない。同時に漁夫の利的に上げた彼からの成果が伝わったお陰で、放っておいても何らかの成果を上げる者達と思っている。
ケンジ
オレンジ諸島に着いてきた人。スケッチをとりあえずしている。
ハルカ
カモカモうるさい新米トレーナーとしてAGより鳴り物入りで登場した。彼女もサトシに自転車を壊されたことが同行のきっかけに結びつく。その後はコンテストに傾倒する。彼女のエネコの技構成がトリッキーだと話題に上がりがち。
声優さんの都合で再登場は望めなそう…カモ
マサト
ハルカの弟。生ガキだが、まだポケモンを連れられない年齢ゆえラルトス回が生まれたりジラーチとのエピソードが語られたりすることを思うと何だかんだ外せないキャラ。
ヒカリ
DPより登場のヒロイン。なんかある度に大丈夫と口に出す。ポッチャマと共に人気キャラの地位を確立。コンテストに傾倒するが、その際に生み出した技の活用方法はサトシのバトルにも影響を与えた。またサトシのバトルを見てコンテストの糧にするなど、互いに影響を与え合うダブル主人公的な振る舞いを見せる。人気ゆえBWで再登場。
アイリス
BWより登場。ジムリーダー。サトシを子供扱いし、視聴者からヘイトを買う。確かカントーに観光して即帰宅したような。
デント
BWより登場したタケシポジションの少年。宮野真守の声が織り成すギャグチックなキャラはタケシに負けない人気を見せる。テイスティングタイムを設ける人。
アローラの人達
サトシの下宿を提供し、家族同然のククイ博士とバーネット博士。クラスメイトのカキ、マーマネ、マオ、スイレン、リーリエ。
ロトム図鑑
サンムーン編にて登場したロトムポケデックスフォルム。アローラにおいてサトシと同行する。
ゴウ
新無印で登場した少年。全てのポケモンをゲットする夢を持つ。

ゲスト、モブ

スキゾー(ポケモン)
ポケモンコンテストなどの審査員。モブだけど好きですねぇ~。
イリマ
サンムーン編にてポケモンスクールの卒業生の先輩として登場。

各回に関する話題など

SM18話
マジカー。

映画

コメント

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

Tag: アニメ テレビ東京 ポケットモンスター ポケモン アニポケ OLM


*1 ポケモンの生みの親
*2 マリオやゼルダなど数多くの任天堂のゲームを作り出した人物。ポケモンの誕生にもにも間接的ではあるが関わった