ポケモンの特性一覧/ふゆう

Last-modified: 2019-12-04 (水) 20:40:20

効果 Edit

じめん』タイプの技を受けない。また、技『どくびし』『まきびし』や特性『ありじごく』の効果を受けない。

特性がふゆうのポケモン Edit

見ての通りかなり多い。ロトムのフォルムチェンジを除いてもその数は35匹と、特性の中では3番目に所持者が多い。

使い方 Edit

じめん無効という単純な効果だが、環境にはびこるじしんをスカせるのは強い。
特に、マタドガスシビルドンなど、じめん弱点のポケモンにはありがたい。とりわけ後者はこの特性のおかげで実質弱点なしだ。

但し、かたやぶり持ちには普通にじしんを喰らってしまうので過信しないように。
また、フィの恩恵を受けられない。まあこれは効果を受けた方がデメリットになる奴も一部いるので一長一短か。

余談 Edit

コイルみたいに、明らかに浮いてるのにふゆうじゃない奴は多いが、これはまあバランスの問題だろう。
浮いてる奴みんなふゆうになったら逆にじめん技が使いづらくなっちゃう。

 

ゲンガーも第6世代まではこの特性を持っていたのだが、第7世代からのろわれボディに変更されている。
これについては森本氏が理由を語っている*1。曰く、こいつはメガシンカすると特性がかげふみに変わってじめん技が通るのだが、敢えてメガシンカしないでそれをスカすということができたので、戦う側としては読みにくいとしてこの処置に至ったという。
まあ、ぶっちゃけゲームではどう見ても地に足ついているから、没収は納得できる。

 

また、この特性を持っている奴はだいたい他の特性を持てない宿命にある。隠れ特性も例外ではない。
数少ない例外は、登場当初から何故かたいねつと一緒に2つの特性を貰っていたドータクン系統や、進化して浮かなくなるヨマワル
見た目からしてふゆうの奴とそうじゃない奴がいるのはおかしいから、というのがあるかもしれないが、型の幅がだいぶ狭まるので残念ポイント。

コメント Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数 Edit

現在?
今日?
昨日?
合計?




*1 ポケモンジャパンチャンピオンシップス2018より