ポケモン一覧/カプ・レヒレ

Last-modified: 2019-01-14 (月) 10:17:11

「カプゥーレ!!」

788Tapu_Fini.png

目次

基本情報 Edit

英語名Tapu Fini
分類とちがみポケモン
図鑑No.788
タイプみずフェアリー
タマゴグループタマゴ未発見
特性ミストメイカー
隠れ特性テレパシー
高さ1.3m
重さ21.2kg

図鑑説明 Edit

サンふかいきりで てきを まどわせ じめつさせる おそろしさを もつ。かいりゅうが エネルギーの みなもと。
サン(漢字)深い霧で 敵を 惑わせ 自滅させる 恐ろしさを 持つ。海流が エネルギーの 源。
ムーンみずを あやつる ポニの まもりがみ。けがれを はらう きよらかな みずを うみだすと つたえられている。
ムーン(漢字)水を 操る ポニの 守り神。けがれを 払う 清らかな 水を 生みだすと 伝えられている。
ウルトラサンふかい きりの おくに すんでいると おそれ うやまわれてきた。みずを あやつる ポニの まもりがみだ。
ウルトラサン(漢字)深い 霧の 奥に 棲んでいると 恐れ 敬われてきた。水を 操る ポニの 守り神だ。
ウルトラムーンまもりがみと よばれるが むやみに ちかづく あいてには おそろしい わざわいを もたらすこともある。
ウルトラムーン(漢字)守り神と 呼ばれるが 無闇に 近付く 相手には 恐ろしい 災いを もたらすこともある。

種族値 Edit

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
カプ・レヒレ75751159513085580
カプ・コケコ75115859575130580
カプ・テテフ75857513011595580
カプ・ブルル75130115859575580

覚える技*1 Edit

概要 Edit

ポケットモンスター サン・ムーンで初登場したから登場する準伝説のポケモン。
先行して発表されていたカプ・コケコと同じく、名前に中点(・)が付けられている。
どことなく気だるげな雰囲気の、女性的なデザインをしたポケモンで、みずポケモンらしく複数のヒレがあるのが特徴。体を殻にしまうと魚とくにカジキを思わせる姿になる。また、魚と違い上下に動く動き方から、イルカがモチーフではないかという意見がある模様。
アローラ地方にあるポニじまの守り神と呼ばれているポケモンで、水を自在に操る力を持つ。
戦いや自身が傷つくことを嫌い、戦闘になると霧を生み出して相手を惑わし、相手が自滅するように仕向けるスタイルを好んでいる。
また、心身を癒す特殊な水を作り出すことができる。その水の力の恩恵を受けるにはカプ・レヒレの作る霧の試練に耐え抜かなければならないが、人間の前に現れることは非常に少ない
これは癒しの水の力を悪用する為に試練を受ける人間が多く、そのせいで人間に失望しているためだと言われているようだ。
普段はポニじまにある「彼岸の遺跡」を根城としており、以上の設定からモチーフはハワイ四大神にして海の神「カナロア」であると思われる。
シナリオ内では顔を見せてはいないものの、その名前が言及されている。
かつてはしまキングに選んだ男が亡くなった後、その孫であるハプウが次代のしまクイーンに志願した時は、未熟さ故か認めようとはしなかった。
だが、その後島巡りによって己を鍛え直した彼女を見て認識を改めたようで、UBがポニじまに襲来した際共に戦う事を認め、主人公来訪時に彼岸の遺跡にて、しまクイーン就任の証である「かがやくいし」*2をハプウに授けた。

ゲーム本編でのカプ・レヒレ Edit

タイプはマリルリ、アシレーヌと同じ、みずフェアリーの複合。
弱点3の割には耐性6という優秀な耐性を持っている。
能力は特防が130、防御が115と耐久面に優れるポケモン。
しかし、ミストフィールドには他のフィールドと違い特定タイプの技威力を強化する効果がなく、素の特攻が並程度なこともあって火力は高くないのだ。
加えてこのフィールド下における接地ポケモンへのドラゴン技半減効果も、自身は元々ドラゴン無効なので若干の齟齬がある*3
おまけに耐久寄りの能力なのに*4回復技はアクアリングのみと、一見すると、某ハーブ野郎よりは絶対ましだが、扱い辛そうな印象を受けた。




















事実、サン・ムーン発売直後の評価は芳しくなかった。




















だが、しかし、研究が進み実際に運用してみれば話は違っていた。
流行中のメガギャラドスガブリアス、一帯メジャーな耐久系ポケモンのポリゴン2バルジーナ等に強く*5、優秀な複合タイプにより補完として採用しやすいのであった。
あの2014年世界大会でパチリスを使いこなして優勝したセジュン氏も太鼓判を押す程であった
実際、PGL*6のランキング(シーズン2途中経過・バンク未解禁)において、シングル15位、ダブル9位、WCSルールに至ってはなんと5位である。その上、同じカプで比較すると、その3つのルールでの使用率はカプ・ブルルを上回っているのである。
更に、WCSルールに限ってはカプ・テテフをも1ランクだけだが上回っていた。

そもそも、みずフェアリーの複合でありながらスイクンに似たような*7種族値にも関わらずフィールド発動中は状態異常にならない、安定した削り手段を持っている、まともな回復技こそないもののZ技で十分代用可能な範囲である、これで強くないわけがないのだ!
つまりは典型的に使ってみないと強さがわからないポケモンてあった。
他のカプの「攻撃」のイメージから孤立していた、という印象も、過小評価の一因だったのだろう。
その他、前世代までの耐久型が軒並み回復技などを駆使して長く場に居座る者が多かった為、前作までの耐久型の印象に流されていたのも原因と言える。
前述のように、ダメージ蓄積を避ける方法に乏しいのは確かだが、それは立ち回りを工夫するだけでも十分カバーできる範囲。
止めることが難しいといわれるあのバシャーモを止められることもあって、今後も安定した採用率を保つと思われるポケモン。

アニメでのカプ・レヒレ Edit

カードでのカプ・レヒレ Edit

コメント Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数 Edit

現在?
今日?
昨日?
合計?




*1 最新作版のみ
*2 Zリングの元
*3 ダブルの場合は話は別だが
*4 Z技を除けばの話
*5 しぜんのいかりでHPのを必ず半分を削れる
*6 通称 ポケモングローバルリンク
*7 HPは格段に違うが