ポケモン一覧/ザシアン/けんのおう

Last-modified: 2021-05-23 (日) 13:35:41

「ウルォーード!!」

目次

基本情報

英語名Zacian
分類つわものポケモン
図鑑No.888
タイプフェアリーはがね
タマゴグループタマゴ未発見
特性ふとうのけん
高さ2.8m
重さ350.0kg

図鑑説明

ソードかつての えもので ぶそうした。 キョダイマックスポケモンも いっとうの もとに きりすてる。
ソード(漢字)かつての 得物で 武装した。 キョダイマックスポケモンも 一刀の もとに 切り捨てる。
シールドあらゆるものを きりすてるさまから ようせいおうのつるぎ と よばれ てきみかたに おそれあがめられた。
シールド(漢字)あらゆるものを 切り捨てるさまから 妖精王の剣 と 呼ばれ 敵味方に 恐れ崇められた。

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
ザシアン9217011580115148720
ザマゼンタ9213014580145128720

覚える技*1

概要

かつての得物、「くちたけん」の力で武装したザシアンの姿。
ポケモン「ソード」のパッケージに描かれているのはこのポケモンである。

 

得物である剣を口に咥え、両肩や額に鎧を纏っている。三つ編み状だったオレンジ色の髪はほどけてストレートになり、マフラーみたいになっている。
今までに出た剣や刀で戦うポケモンは刃が体の一部だったが、刃が独立した武器になっているのは珍しい(一応前例はいるが)。

因みにこの剣、オレンジ色のマフラーみたいな部分を鞘にして納めることができるようだ。ずっと咥えてたら顎が疲れたり飲み食いがしづらかったり不便なので当然か。

 

口に咥えた剣は凄まじい切れ味を持つ。その斬撃はドラゴンタイプのポケモンが持つ分厚い鱗も紙のように切り裂き、キョダイマックスしたポケモンであろうと一刀のもとに切り捨ててしまうという。
装備が重そうだが、その走りは疾風のごとき速さで、舞のように華麗な身のこなしで戦場を駆け抜ける。そこから繰り出される斬撃は肉眼で捉えられないほど速く、その刃に打たれた者達は痛みも感じぬままに散っていく。
このような圧倒的なパワーとスピードであらゆるものを切り捨てる様から、「妖精王の剣」という異名で敵味方から恐れ崇められたらしい。
後述する専用技「きょじゅうざん」を使う際は、得物の剣が青い光を纏って大きく変化し、敵を豪快に斬る。その破壊力は海を割るほどと言われており、特にダイマックスポケモンの持つパワーに対して強いらしく特攻効果がある。

 

因みに、犬に似ていて口に剣を咥えているフォルムが「ダークソウル」というゲームに登場するキャラクター「シフ」(同じく犬型で剣を咥えている)に似てると一時期話題になった。

ゲーム本編でのザシアン

ポケットモンスター ソード・シールドで初登場。ソード版でのみ入手できる。

ストーリー終盤にて、主人公達が持っていた「くちたけん」に呼応するかのように現れ、剣の力でフォルムチェンジ。同じくフォルムチェンジしたザマゼンタや主人公達と共に、ムゲンダイマックスしたムゲンダイナと対峙した。この時はソード・シールドのバージョンに関係なく登場する。
そして、殿堂入り後のイベントで再び登場。ソードではこのイベントの終盤で、くちたけんを装備したこの姿のザシアンと戦い、ゲットすることになる。

 

ザシアンゲットと同時に手に入る道具「くちたけん」を手持ちのザシアンに持たせることで、戦闘時にこの姿にフォルムチェンジする。
パッケージを飾る禁止伝説の地位に恥じず、ステータスはとても優秀。
攻撃は通常形態から一気に30伸ばして170であり、素の状態でも高火力。さらに特性「ふとうのけん」によって、場に出た時点で攻撃ランクが1段階アップするので、実際の火力は数値以上だ。
素早さ148も高い。ソード・シールドで解禁されているポケモンではドラパルト、ゼラオラをも抜き去る速さであり、解禁されていないポケモンを含めてもトップ10に入るほどだ。
また、種族値合計1位タイの720族でありながら不要な特攻が80と抑えられており、その分耐久力も平均以上に割り振られている。フェアリーはがねの優秀なタイプ耐性も相まって、役割破壊で倒されるケースも少ない。

 

この姿のザシアンは、技「アイアンヘッド」を覚えている時、戦闘時にそれが専用技「きょじゅうざん」に変化する。
はがねタイプのこの技は、元の威力が100と高いだけでなく、相手がダイマックスポケモンならその威力が2倍になる
ダイマックス中のポケモンはHPが最大で2倍まで伸びるが、同じく威力が2倍になるきょじゅうざんの前では、ダイマックスによる耐久力上昇が意味をなさない。下手すると他の技で抜群を突いたときより大きなダメージを与えることも…。
対戦でも頼れる技だが、ダイマックスポケモンを相手するマックスレイドバトルではなおのこと役に立つ。対ダイマックスによる威力2倍だけでなく、前述の高い攻撃と特性による攻撃力底上げもあるので、はがね技が等倍以上で通る大抵のレイドボスはきょじゅうざん連打で沈む

 

きょじゅうざん以外の技も優秀なものが揃っており、一致技にじゃれつく、サブウェポンにはかくとう技のインファイトせいなるつるぎエスパー技のサイコファングあくかみくだくなどがあって技範囲はそこそこ。更に剣王らしくつるぎのまいを覚えるので、ただでさえ高い火力にブーストをかけられる。

 

ぶっ飛んだ火力と速度、平均以上にある耐久性能と、隙の無いように見える剣王ザシアンだが、やはり欠点はある。

第一に挙がるのが、くちたけんを装備しないとこの姿になれないために、持ち物が固定される点。
ラムのみで状態異常を対策をできないので、火傷・麻痺によって止まりやすい。また、こだわりスカーフを持たせて素早さを強化することができないので、持ち前の高い素早さをもってしても相手がスカーフ持ちだと抜かれてしまう。

もう一つ、一致技がほのおはがねの2タイプに半減されてしまう点もつらいところ。
はがね相手にはインファイトなどのかくとう技で弱点を突けるが、ほのお相手に弱点を突ける技は溜め技のあなをほるだけ(一応相手のダイマックスターンをやり過ごせる便利な点はあるので、全く使えないわけではないが)。いわなだれじしんのように使いやすい技を覚えないのが痛い。

更に、攻撃技が優秀な一方で補助技が少ないので、型が物理アタッカー一辺倒になりがち。
奇襲をかけるのが難しいので、相手が対処手段を持っているとあっさり返り討ちにあってしまう。

マックスレイドバトルでは適当に使っても強いが、対戦だとそうはいかないのだ。

アニメでのザシアン

現在放送中のTVアニメ「ポケットモンスター」のOP映像にザマゼンタと登場することがあった。

カードでのザシアン


ソード・シールドシリーズの拡張パック第1弾から、ポケモンVとして登場。

次の番にワザが使えなくなるが大ダメージのワザ「ブレイブキャリバー」を使える。
たねポケモンながら条件なしで高火力を叩き出せるのが強み。大半のポケモンVや1進化以下のポケモンGXはワンパンできる。
必須エネルギーは鋼エネルギー3個と重いものの、特性「ふとうのつるぎ」である程度エネルギーを確保可能。メタルソーサーなどでエネ加速してもよい。
撃ったら次の番にはベンチと交代してやれば、使用後の反動も気にならない。一度ベンチに交代すればワザが使えなくなる効果が消えるので、ポケモンいれかえで交代してから新しく出たポケモンを逃がしてザシアンVに交代、とすればブレイブキャリバーを連発可能だ。
更にハイクラスパック「シャイニースターV」では、ザシアンV専用のポケモンのどうぐ「くちたけん」が登場。相手に与えるダメージを+30する効果で、ただでさえ高い打点を底上げできる。

ただ、いくら高火力といってもブレイブキャリバーの一撃を耐えられるポケモンはそれなりにいる。
タッグチームポケモンやポケモンVMAXが該当し、特にポケモンVMAXは総じてHPが300以上なのでくちたけんを持たせてもワンパンできない。そういったポケモンに対して無策で突っ張ると、返しの一撃で粉砕されて試合の流れを持って行かれるだろう。
敢えて真っ向から相手するのではなく、ベンチにいる低HPのポケモン(デデンネGXやクロバットVなど)を「ボスの指令」で引きずり出して確実に狩るのも一つの手だろう。

コメント

  • ポケモンのイメージで文字色cyanにするのはいいんだけど、見づらい…見づらくない? -- ソーナンスの人 2020-10-22 (木) 20:28:45

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数

今日?
昨日?
合計?

*1 最新作版のみ