ポケモン一覧/ラッタ

Last-modified: 2019-01-25 (金) 16:54:07

600px-020Raticate.png

目次

基本情報 Edit

英語名Raticate
分類ねずみポケモン
図鑑No.020
タイプノーマル
タマゴグループ陸上
特性にげあしこんじょう
隠れ特性はりきり
高さ0.7m
重さ18.5kg

図鑑説明 Edit

赤・緑、ファイアレッドうしろあしの ゆびは 3ぼんで ちいさな みずかきが ついている。かわを およいで わたる。
青、リーフグリーンヒゲで からだの バランスを とっているので もし きられると うごきが のろく なるらしい。
ピカチュウうしろあしにある ちいさな みずかきで かわを およぐのは みずのなかの エサを とるためだ。
金、ハートゴールドかたい キバで なんでも かじる。コンクリートで できた ビルすら かじって たおしてしまう。
銀、ソウルシルバーヒゲで バランスを とっている。キバは どんどん のびるので なんでも かじって けずっている。
クリスタル、Yうしろあしに ついた みずかきを つかって かわをわたり ひろい はんいで エサを さがしまわる。
Y(漢字)後ろ足に ついた 水掻きを 使って 川を渡り 広い 範囲で エサを 探し回る。
ルビー・サファイア・エメラルドじょうぶな キバは どんどん のびるので いわや たいぼくを かじって けずっている。いえの カベを かじられる ことも あるよ。
ダイヤモンド・パール・プラチナ、ブラック・ホワイト、Xのびつづける まえばを けずるため かたい ものを かじる しゅうせい。ブロックべいも かじって こわす。
ブラック・ホワイト、X(漢字)伸び続ける 前歯を 削るため 硬い 物を かじる 習性。ブロック塀も かじって 壊す。
ブラック2・ホワイト2いがいと きょうぼうな ポケモン。ながく のびた キバは ぶあつい コンクリートも かんたんに けずる。
ブラック2・ホワイト2(漢字)意外と 凶暴な ポケモン。長く 伸びた キバは 分厚い コンクリートも 簡単に 削る。
サンおよぐのが とくい。 うしろあしに ちいさな みずかきが ついていて かわや ときに うみを わたることも。
サン(漢字)泳ぐのが 得意。 後ろ足に 小さな 水かきが ついていて 河や ときに 海を 渡ることも。
ムーンみためよりも ずっと きょうぼうな せいしつ。 かおの まえに てを のばすと かみちぎられる かも。
ムーン(漢字)見た目よりも ずっと 凶暴な 性質。 顔の 前に 手を 伸ばすと 噛み千切られる かも。
ウルトラサンうしろあしの ちいさい みずかきで うみを およいで しまを わたり てきから にげていた という。
ウルトラサン(漢字)後ろ足の 小さい 水かきで 海を 泳いで 島を 渡り 敵から 逃げていた という。
ウルトラムーンヒゲは バランスを とる たいせつな きかん。 どんなに なかよくなっても さわられると おこって かみつく。
ウルトラムーン(漢字)ヒゲは バランスを とる 大切な 器官。 どんなに 仲良くなっても 触られると 怒って 噛みつく。

種族値 Edit

HP攻撃防御特殊素早さ合計
第一世代5581605097343
HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
第二世代以降558160507097413

素早さが高めで、攻撃もそこそこな方。

進化 Edit

コラッタLv.20以上→ラッタ

覚える技*1 Edit

...

概要 Edit

raticate.gif
こっちがオスこっちがメス
コラッタから進化して、身体は大きくなって丸まり、上2本だけだったキバが下にももう2本生えた。体色もから黄土色に、腹部は真っ白から黄色にと大きく変化している。
♂はヒゲが長く、♀はヒゲが短い。
後ろ足の3本指についている水かきを利用して、川を泳いで渡ったり水中の獲物を狙ったりする。時には海も渡り、島を渡って敵から逃げていたと言われる。
大きな前歯は伸び続けるので、それを削るために岩や大木など硬い物をかじる習性がある。だが、その前歯は分厚いコンクリートも簡単に削るほどで、コンクリート製の大きなビルも倒壊させることもあるという。
ヒゲで身体のバランスをとっており、もし切られると動きが鈍くなってしまうらしい。そのせいか、仲良くなっても触られると怒って噛みついてくる模様。

色違い Edit

020_0.gif020_2.gif
色違いは少しオレンジ色になっている。

ゲーム本編でのラッタ Edit

所謂序盤ノーマル。第1世代では旅パに入れてた人も少なくないはず。
対戦では種族値不足が足を引っ張る上、序盤ノーマルの中でも腹太鼓神速が一般解禁されたアナグマ力持ちなオヤジ兎といった強力なライバルが多いためなかなか使われない。
使うとすると、特性「こんじょう」を駆使した物理アタッカーが挙がる。この特性を持っていれば、自分が状態異常の時に攻撃が1.5倍にアップするのだ!更に、通常はやけど状態だと攻撃が半減するが、「こんじょう」があればやけど状態でも攻撃が下がらない
相手から状態異常にしてもらうのは望めないので、持たせると状態異常になる「かえんだま」などを持たせることになる。やけどになるかえんだまなら、「どくどくだま」によるもうどくに比べてダメージが小さく、火傷の持つ攻撃が半減するデメリットも特性でなくせるので、持たせるとしたらかえんだまがオススメ。
状態異常の時にダメージが倍になる技「からげんき」と併用すると強力。他の技は、先制できるでんこうせっかやはがねタイプに弱点を突けるかえんぐるま、ゴーストタイプに弱点を突けるかみくだくふいうち、控えに戻って火傷ダメージを受けずに攻撃できるとんぼがえりなどが候補に挙がる。
隠れ特性「はりきり」は状態異常にならずとも攻撃が1.5倍になるが、物理技の命中率が0.8倍に下がってしまうので安定しない点に注意したい。

アニメでのラッタ Edit

カードでのラッタ Edit

031538_P_RATTABREAK.jpg        031537_P_RATTA.jpg
序盤ノーマルながら、拡張パック「破天の怒り」でBREAK進化を貰っているという優遇ぶり。
「いかりのまえば」で、相手のバトルポケモンのHPを無条件で残り10に減らしてしまう!
相手がどくやけど状態なら、その次のポケモンチェックできぜつさせてしまえる。「ダーティショック」で相手をどく状態にできるが、ターンを跨ぐ必要があるのでその間にベンチに逃げられかねない。
そこで役に立つのが、アリアドスの特性「どくのす」。これで相手をどく状態にしてしまおう!自分のバトルポケモンがタイプでないと自分もどく状態になってしまうが、ラッタは特性「こうたい」を持っているので状態異常にならないぞ。
特性を消されるとこの戦術は機能しなくなるので、注意したい。

リージョンフォーム Edit

第7世代にて、アローラのすがたのラッタが登場している。
詳しくは該当項目参照。

コメント Edit

  • ♂♀の違い言われて比較しないと気づかないレベルだなw -- 俺はページを作る者だ 2018-01-12 (金) 15:32:30
  • こんなに丁重な編集誇らしくないの? -- 2018-01-20 (土) 23:01:33

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数 Edit

現在?
今日?
昨日?
合計?

Tag: 序盤ノーマル





*1 最新作版のみ