ポンチャック

Last-modified: 2020-07-13 (月) 16:07:15

ポンチャック(Ppongtchak、뽕짝)とは、韓国発のディスコミュージックである。

概要

主に2拍子のリズムに合わせ、やっすいシンセでメロディーを数珠繋ぎにしていくスタイルが特徴。
要するにダサい音楽であり、若者ウケは一般的には良くない。(今リリースされてるK-POPとか見れば一目瞭然である)向こうでは「年寄りの音楽」や「タクシーで流れてそうな曲」みたいな認識である。
しかし、過去には李博士(後述)がブームになったことやポンチャックマシーン(後述)が密かな人気を得ていることから、評価される余地は十分にあるといえるだろう。

李博士

日本において局地的「ポンチャック・ディスコ」ブームを巻き起こした人物。
1996年に日本上陸。前述するように局地的ブームを起こし、日本でのブームを受け韓国でアルバムを出すということまで起こっている。電気グルーヴや明和電機とのコラボも行ったことがある。

ポンチャックマシーン

韓国の屋台などで売られているらしい機械。相場は5000円~程度。
要するにただのMP3プレーヤーなのだが、中のSDカードに数千曲のポンチャックが入っており、無限にポンチャックを聞くことのできるマシーンとなっている。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数

現在?
今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: