マジカルドクター(極悪P)

Last-modified: 2020-01-16 (木) 19:44:40
 

概要 Edit

マジカルドクターとは、MARETU氏(極悪P)により作曲された電波音楽である。
2019年11月10日、「しう」という動詞作曲のボカロ曲投稿後にその音楽の収録されたアルバム「しう」にて最初を飾った。
その最初の映像部分が、後にMVとなる部分の下となっている。
このマジカルドクターは「しう」の対称性と言われる通り、序盤に起こった悲劇とされているため、
曲中も「先生私は正気に戻るんですか?」「戻りません」という歌詞が盛られている。
この「しう」頒布前にMARETU氏は、

今回はアルバム限定曲は収録せず、「しう」に引き続き「マジカルドクター」も動画投稿予定です。
時期は遅れますが、購入しなくても全曲聴くことが出来ます。

とツイート、これにより一時期「金が欲しくないのだろうか。」と騒々しくも狂喜乱舞する人物が多数存在した。

MV

2019年12月27日、明らかマジカルドクター出のサムネ画像より黒の密度が大きいモザイク画と共に投稿予告。
Youtubeでは8:00公開予定のプレミア放送動画が表示されていた。
実はこの時、MARETU氏は時間設定を誤り設定し直す事態となった。
そして8時頃、問題なく放送が開始した。

MV内容 Edit

MVの内容としては以下の通りである。
最初、左上に6:66となる6:65分の表示と一昔前の子供歌番組のような形で「きのこ*1をたべたおひめさま」と表示される。
のこ の くに の いちだいじ」で下水道シャウトと同時に以下の画像が万華鏡配置で表示される(合計34枚のイメージが使われている。)。

しうSIU
ゆめすさびゴキブリの味
曲

なお、このシーンは収録されたマジカルドクターでは切り捨てられている。

この画像をバックに「NAMIDA」と映し出され続ける、途中「イラッシャイマセ」等も入る。



Twitterより

また、画面が変わるシーンでは以下の画像の顔部分が中心から下へ一箇所に降る。


Twitterより

謎の声と共に傾きが「FRIED EYE」のジャケット絵と同一謎の小さい写真が一瞬映る。
恐らく何かの万華鏡配置を白黒にし、切り取ったものとみられる。
万華鏡配置で以下の画像*2が映し出される。
これら全ては一度MARETU氏のTwitterにて投稿されており、長い間かけての予告だったとも取れる。

その画像と思わしきもの、その他にも花の写真が複数あると考えられる。


花花
花花

音街ウナの公式音声を空耳として「飢」「殖*3」「㊤」「↑」「増」と順に表示される。
これもまた音街ウナの音声「バーン!」を空耳として「BURN」と表示する、使われているフォントは美咲フォントである。
暫く鮮やかな万華鏡が表示され続け、途中「Y O U」の場面で「(ΦωΦ)」が表示されたり、音合わせで一瞬四角や三角等が表示する。
次に四角が表示されると、音街の音声が変わり万華鏡はそのまま「FRESH(新鮮な、生々しい)」という文字が小さく現れる。
マジカルドクター本格進出の「しう」の表現に基づいている。
「こーら!保健室は さぼるためにあるんじゃ」の次に「無」が大量に現れ画面を埋め尽くす。
赤い画面となり、真ん中に大きく「GO!」と表示される。
以下の画像(4つは判明)が万華鏡として表示されるとともに、「せんせー わたしのびょうきわ なおるんですか」と表示、初音ミクにより歌われる。

画像

Twitterより

TwitterよりTwitterより

Twitterより

さらにこの文章は一文毎に悪化していく。

変化

「せんせーわたしのびょうきはなおるんですか」
「せんせーわたしのびょうきはなおるんですか」
「せんせーわたしのびょおきはなおるんですか」
「せんせーわたしのびょおきはなおるんですか」

ここの画像には花はあまり写っておらず、また最初の文字絵などの万華鏡も始めに表示される。
三回歌われた後に、声のピッチが高くなり「わたしのびょうきわ」で途切れたのち、頭に注射が打たれたドットナースミクが出現。
上下に美咲フォントで「なおりません」と表示される。
最初と同じく「NAMIDA」と二回表示されるが、「イラッシャイマセ」に変わり次は「エー」となり表示は三回目まで「∀」四回目は「A」と表示される。
最後の「NAMIDA」は「A」が抜け「OH MY」と表示され、「゚Д゚」と表示される。
これは驚き、怒りを表す絵文字、または四大2ちゃんねるAA「ギコ*4」である。
画面は変わり、ドットを丸出した赤オレンジの画像が万華鏡表示で表示され、途中音合わせで白黒になる。また、一瞬だけカラフルになるが以前にしてドットが丸出している。
音合わせで「赤、真紅、青、紫、青、紫」の順で表示され、また同様の万華鏡表示が行われる。
叫び声のような音合わせとともに青と紫の順々で表示され、今回の声ネタ「welcome to the hardcek*5(ようこそ、丈夫な方)」と悪い画質の中表示され、画面が音合わせで赤くなる。
この時の音は「スクラマイズ」のウェーブと同一だった。
序盤と同じく植物の画像が万華鏡表示され、「FRESH」と真ん中で小さく書かれた場面に移る。
そしてまた一瞬、今度は図形とともに「I」「<3*6」「?」と表示される。
音街の音声とともに再び場面が変わり、今度は「またあなた? 保健室は さぼるためにあるんじゃ」と音声が変わる、但し切り替えは変わらない。
今度は「せんせー わたしはしょうきに もどるんですか」と接続の「は」が「わ」とならずに書かれている。
こちらも序盤と同じように合計4回繰り返されるが、徐々に正常に戻っていっている。

変化

「せんせーわたしわしょおきにもどるんですか」
「せんせーわたしわしょおきにもどるんですか」
「せんせーわたしはしょーきにもどるんですか」
「せんせーわたしはしょうきに」

再びナースミクが今度はあまり暴れずに表示され、上下に「もどりません」と表示される。
そして、場面はそのナースミクがAviUtl演出の崩落で去った後、元に没曲として作られた曲である曲が1フレーズとして流される。
次に注射器を交互させたシルエットと、創作漢字の場合にのみ表示される*7同心円型の波紋が描かれたいつもの画像がテープ画質で表示される。
歌詞としては、


「おひめさまにはなれない あのころにはもどれない もどらない」
「あひめさまにはなれない このいたみにはかてない しかたない」

場面は変わり「NAMIDA」と映し出されるが、先ほどとは違い反転色を赤色に変換した画像となっており、途中赤い「A」が演出効果のスライドで表示される。
最後にテープ表示の点滅注意が映し出され、終了する。

考察 Edit

現在考察では以下の考察が挙げられている。

マジカルマッシュルームと医者

今回のMVの最初に出る「きのこをたべたおひめさま」で「マジカルマッシュルーム」ではないかと考えられている。
マジカルマッシュルームとは違法薬物等にも含まれる場合があり、またLSDよりも強い幻覚を催すという毒キノコである。
この時、精神安定剤として処方されたのが、この「マジカルマッシュルーム」の含まれた薬剤だったのではないかとされている。
また描写的にも、その医者も薬をやっていると見られる為「騙された」可能性が高い。

おひめさまについて

別名としては「お嬢様」等が言える。
その為、この「おひめさま」とは虐めっ子のことかと考えられる。
これがゴキブリの味の後だったと確定すると、多量の目として「FRIED EYE」で形勢が傍観者によって急に逆転したとも考えられる。
その為、精神安定剤や脳の組換等を行っているとされている。
そして多量に摂取等を行い、もう戻れないことからこの歌詞である可能性が高い。

遅い忠告

これに関しては「忠告してももう遅い。」という事を表しているのではないかろいう説がある。
また、この忠告は医者や曲の主人公の友人等の忠告である可能性がある。
傍観者的な立ち位置では止めようとしたがもう手遅れだったなどとでもできる。

他曲との繋がり

  • コウカツ
    序盤の「イラッシャイマセ」はコウカツの声ネタである。
    コウカツで書かれる「MUST KILL」を鎮静と指す場合もナースミクが崩落した、つまり暴れだしたとして考えられる。
    つまりコウカツの主人公は医者に化けた薬物売りであると考えられる。
    また、もう一つは堕ちぶれた虐めっ子とも捉えられる。
    また、後述するゴキブリの味とも繋がっていると思われる。
  • スクラマイズ スヂ
    「welcome to the hardcek」の場面にてスクラマイズと同一と思われるウェーブが流れている。
    また、スクラマイズと同じように黒い画面に文字がポツリとある画面となっている点として一致するが、
    配置的にはうみなおし等とも同じとなる。
  • コインロッカーベイビー
    「<3」という絵文字スラングはコインロッカーベイビーの文字絵にも存在している。
    直接的な関与は少ないが、コインロッカーベイビーと関係が有る事は間違いないだろう。
    なお、後述するマインドブランド、うみなおし、うみたがり、うまれるまえはとは直接的な関係がある。
  • マインドブランド
    声ネタの「welcome to the hardcek」と「welcome to the mind fxxk(ようこそ、従う性交へ)」が同一を言っている場合、
    「丈夫な人」はその「従う性交」に関係する人物ではないか、として「しう」の「貧しく客引くあなたには、」と関係するのではとされている。
    ただし、この場合「マインドブランド」が虐めっ子の歌となる。
  • うみなおし うみたがり うまれるまえは
    もとより「うみなおし」や「うみたがり」や「うまれるまえは」は「しう」と繋がっているため、間接的に繋がっていることは確定的である。
    「うみたがり」は「しう」にて創作字が文字絵内に含まれており、また歌詞中の「たどたどしい足取り 帰り道」は薬を食べた時の事かと考えられる。
    また「うみなおし」では「しう」で語られる客引きの様子を表していると思われる。
    「うまれるまえは」では死有の様子を表していると思われる。
  • ゴキブリの味
    MV内でゴキブリの味のタイトル絵が万華鏡型に表示されている。
    またこの曲はいじめられっ子が語り手の曲であり、この様子から見るに何かの回想として現れた。
    または、そこから狂いだしたと言う意味を持って表示させていると思われる。
  • しう
    アルバム名にもなっており、MV内でも頻繁に登場している。
    マジカルドクターの他にも様々な曲と繋がっていることから、「しう」は収束点といってもいいだろう。
    この曲の歌詞中「貧しく客引くあなたには、」は薬を買う為に身売りをしているとしているのではないかとされている。

コメント Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

閲覧者数 Edit

現在?
今日?
昨日?
総合?

タグ Edit

Tag: ボカロ曲 電波音楽 狂気 極悪P


*1 ここのキノコはマジックマッシュルームではないかと考察されている。
*2 未だ判明していない写真も
*3 これは「植」ではなく「生殖」などにも使われる「ふ(え)」である。
*4 「あやしいわーるどII」が発祥元のAAであり、同じく四大AAである「しぃ」が恋人の場合がある。この「しぃ」は「しー★」というコテハンが使用していたギコ猫であり、更によく「しぃ虐」としてグロ画像が描かれる。
*5 または、「welcome to the hardtek」である。「Hardtek」はフランス中心のヨーロッパのフリーパーティ発祥のテクノの一つである。「TRIBE」とも呼称されている。
*6 (海外の「ハート」を表す絵文字である。「コインロッカーベイビー」にもあった。
*7 例外として「トゥール」等が挙げられる。