マチルダI歩兵戦車

Last-modified: 2022-08-10 (水) 22:30:41

イギリスが1930年代の後半に開発した戦車。
完成当時は世界最強の防御力を誇るガチタンであるが、武装は機関銃のみで汎用性に欠けていた。
また、歩兵と一緒に移動できればよいということで、人が歩く速度に合わせて最高速度も高くはなかった。また、改造を加えられるほどの余裕はなく、武装強化は不可能だったとされる。

端的にいうと、防御力に全振りしてそれ以外のモノをすべてかなぐり捨てたような、そんな戦車。ぶっちゃけ机上の空論を元に開発された戦車といっても過言ではなく、何を血迷ったか、イギリスはこれ発展させたかのような戦車を作りまくることになる。

乗り心地もお世辞にも良かったとは言えず、乗ってる人が「這いつくばる」ような狭さだったらしい。

コメント

  • 高射砲で撃ち抜かれる可哀想な戦車 -- 2022-03-11 (金) 20:32:40

閲覧者

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 歩兵戦車 兵器 戦車 イギリス