マリオ+ラビッツ キングダムバトル

Last-modified: 2020-09-04 (金) 20:24:44

マリオ+ラビッツ キングダムバトルとは、任天堂とユービーアイソフトより2018年1月18日にNintendo Switchにて発売されたシミュレーションRPGである。

あらすじ

あるマリオ好きの発明家の少女がロボットの「ビーポ」と協力して発明したモノを融合させることができるメガネ「スーパーマージ」を改良していた。
装置の改良の途中で、少女が休憩のため作業場を離れている隙に、洗濯機型タイムマシンに乗ってウサギっぽい生物「ラビッツ」が侵入。
その中の一人がメンテ中のスーパーマージを遊び半分で使い、マリオグッズとほかのラビッツを合体させていた…が、スーパーマージの合体ビームがタイムマシンに当たって暴走。マリオ世界にワープしてしまう。
その頃、キノコ王国ではピーチ姫の像の発表会が行われていたが、いきなり時空の歪みが発生。マリオたちは吸い込まれて散り散りばらばらになってしまう。
そして時空の歪みから落ちてきたラビッツたち(と、ビーポ)。その中の一人がスーパーマージと融合し、スーパーマージの力が暴走。合体ビームを目から乱射して周囲のラビッツをモノと融合させてしまう。
融合したラビッツは時空の歪みの影響か凶暴化しており、マリオたちと正常なラビッツに襲いかかってくる。
ビーポ、マリオ、ピーチ似のラビッツ、ルイージ似のラビッツは窮地に立たされるもビーポに送られてきたブキ「ブラスター」2丁と「ブワープ」1丁で凶暴化ラビッツを撃退。なんとか窮地を乗り切った。途中でルイージを仲間に加え、スーパーマージと融合したラビッツを捕まえようとするもクッパJr.が横取り。クッパJr.はこのラビッツ、「スポーニー」の力を使い軍団を結成し、キノコ王国を大混乱に陥れてしまう。
マリオたちと凶暴化していないラビッツはビーポの導きの元、凶暴化したラビッツとクッパJr.、そして時空の歪みに立ち向かう!

システム

3人1組のチームで、敵を全滅させたり指定の場所に移動したりとミッションをクリアしていくシミュレーションRPG。
チームを組む際には必ずラビッツキャラが1人必要。

アクション

  • 移動
    敵から距離をとったり、物影に隠れたり…進路上に敵がいると突撃攻撃もできる。
    • チームジャンプ
      仲間にぶん投げてもらい、遠くに飛ばしてもらう。一部スキルを持っていると攻撃手段にもなる。
  • 攻撃
    武器を利用して攻撃する。メインウェポンとサブウェポンがある。
  • スペシャルスキル
    キャラクターごとに支援スキル、スペシャルスキルが用意されている。
    回復やダメージ無効化、支援攻撃や能力強化など効果は様々。

ギミック

  • 遮蔽物
    ブロックやどかん、それに地形は相手の攻撃を防ぐ盾として使える。
    大きさによってはたまに攻撃にあたってしまうので注意。
  • 高台
    高台にいると低いところにいる敵への攻撃力が上がる。
  • どかん
    高いところに登ったり敵の後ろに回り込んだりできる。
  • 特殊ブロック
    敵を吹き飛ばしたり動きを止めたり…
    攻撃を当てるといろいろなスーパーエフェクトが発動する。

スーパーエフェクト

いわば状態異常のようなもの。

  • バンパイア
    相手のHPを奪い取る。このエフェクトを当てるとそのターンの間はほかのキャラが攻撃しても相手に与えたダメージに応じて回復できる。
  • アイス
    相手を凍らせる。凍りついた相手はスペシャルスキルが使えなくなるぞ。
  • ストーン
    相手を固めて完全に行動不能にする。
  • ハニー
    相手を地面に接着して移動を封じる。
  • インク
    相手の視界を塞いで武器攻撃を封じる。
  • バウンス
    相手をランダムな方向に吹っ飛ばす。
    穴に落とすと追加ダメージを与えられる上、「ヒーローサイト」などのスキルを使っていると追撃が出来る。
  • ファイア
    相手に火をつけてランダムな方向に動かす。
    途中に敵や味方がいると燃え広がるぞ。もちろん「ヒーローサイト」などのスキルを使っていると追撃が出来る。
  • プッシュ
    相手をまっすぐに吹っ飛ばす。
    穴に落とすと追加ダメージを与えられる。やっぱり「ヒーローサイト」などのスキルを使っていると追撃が出来る。

ブキの種類

  • ブラスター
    バランスのとれたハンドガンタイプの武器。
    射程:10~12マス
  • シューター
    長射程と高めの威力が特徴のライフルタイプの武器。
    射程:15~17マス
  • ブワーブ
    威力は低めだが状態異常にしやすい魔道書タイプの武器。ヨーヨーっぽい。
    射程:10~12マス
  • マシンガン
    ダメージのブレが大きいが高火力のマシンガンタイプの武器。
    射程:11~12マス
  • ブームショット
    近くの相手に強く広範囲に攻撃できるショットガンタイプの武器。
    射程:7~9マス

サブウェポン

  • ハンマー
    衝撃波により叩いた相手の周囲にもダメージが拡散するハンマータイプの近接武器。
    射程:1マス 衝撃の範囲:周囲2~3マス
  • ランチャー
    範囲内の敵を爆風で一掃するバズーカタイプの武器。射程もかなり長く狙撃にも使える。
    射程:15マス 衝撃の範囲:着弾点から周囲2~4マス
  • ボムタンク
    毎ターン指定した敵にゆっくりと迫ってゆき、近くに来ると爆発するミサイルタイプの武器。おとりやワナとしても便利。
    射程:15マス(実質無限) 衝撃の範囲:周囲1~8マス
  • アヒルばくだん
    バウンドして範囲内の敵をまとめて吹き飛ばすグレネードタイプの武器。
    射程:10マス 衝撃の範囲:周囲2~4マス

ワールド紹介

エイジドガーデン

ワールド1。おもちゃ箱をぶちまけたような草原エリア。
マリオがビーポ、ラビッツルイージ、ラビッツピーチに出会い、ルイージと再会した場所でもある。
見た目はカラフルだが基本的な動きをする敵が出現する。ここで基本をしっかり叩き込んでおこう。

シャーベットさばく

ワールド2。雪原と砂漠が融合したミスマッチエリア。
マリオはここでラビッツマリオと出会い、ピーチと合流した。
敵はサボテンをあしらった雪国風のシンプルな見た目をしているが、このあたりから敵もスーパーエフェクトやスペシャルスキルを使うようになる。注意。

スプーキートレイル

ワールド3。文字通りのゴーストタウンなエリア。
マリオはここでラビッツヨッシーと出会った。
敵はアンデッドを思わせるブキミな見た目をしており、厄介なブワルキリーやピーカブーが初登場。

ヴォルケーノ

ワールド4。火山地帯とそこに建設された工場が舞台となるエリア。
ここでようやっとヨッシーと再会できる。
敵は焦げていたり炎を思わせる見た目や、機械を装着したような見た目をしている。ラストエリアだけあって敵も最強クラス。全力で挑もう。

登場人物

このゲーム限定のゲストキャラクターには英名付き。
マリオ系のメインキャラは狙い撃ち系のスペシャルスキルと特殊効果付きジャンプを持っており、
ラビッツ系のメインキャラはバリア系のスペシャルスキルと特殊効果付きスライディングを持つ。

メイン

  • マリオ
    おなじみヒーロー。攻撃力の高さはピカイチな支援もできるパワータイプ。武器は「ブラスター」と「ハンマー」。
    スペシャルスキルは動いた射程圏内の敵を狙い撃つ支援攻撃スキル「ヒーローサイト」と攻撃力UPの「パワーブースト」。
    チームジャンプの特殊効果は敵を蹴りつけて攻撃しつつ、さらにジャンプ移動する「ストンプ」。
  • ルイージ
    機動力と攻撃の射程なら誰にも負けない狙撃手。打たれ弱いが射程が長い後衛タイプ。武器は「シューター」と「ボムタンク」。
    スペシャルスキルは動いた射程圏内の敵を狙い撃つ支援攻撃スキル「アイアンビジョン」と移動距離アップの「アジリティ」。
    チームジャンプの特殊効果は2回連続でチームジャンプができる「ダブルジャンプ」。アジリティと組み合わせると一部クエストの攻略に便利。
  • ピーチ?
    能力のバランスが取れた戦うお姫様。広範囲攻撃と防御UPで支援するサポートタイプ。武器は「ブームショット」と「アヒルばくだん」。
    スペシャルスキルは動いた射程圏内の敵を狙い撃つ支援攻撃スキル「エレガントアイ」と味方のダメージを引き受ける「プロテクト」。
    チームジャンプの特殊効果は着地地点周囲の味方の体力を少し回復する「ヒーリングジャンプ」。回復量は少ないがクールダウンがないのが特徴でボス戦にも気持ち強め。
  • ヨッシー
    破壊力と射程が高い重戦士。中衛タイプ。武器は「マシンガン」と「ランチャー」。
    スペシャルスキルは動いた射程圏内の敵を狙い撃つ支援攻撃スキル「エッグピーター」と武器の追加効果を引き出す「スーパーチャンス」。
    チームジャンプの特殊効果は着地地点の周囲に衝撃波で攻撃する「ヒップドロップ」。味方を巻き込まないように注意。
  • ラビッツマリオ(英名:Rabbid Mario)
    マリオに似た服を着た、勇敢で陽気なラビッツ。接近戦が得意な前衛タイプ。武器は「ブームショット」と「ハンマー」。
    スペシャルスキルは体当たりに強くなる「ボディガード」と相手を引き寄せる「マグネットダンス」。
    スライディングの特殊効果は衝撃波を巻き起こす「ブームスライディング」。密集した敵の相手に便利だが味方も巻き込むから注意。
  • ラビッツルイージ(英名:Rabbid Luigi)
    ルイージに類似した格好と類似した性格(臆病気味)を持つラビッツ。仲間の支援が得意なサポートタイプ。武器は「ブワーブ」と「ランチャー」。
    スペシャルスキルは様々なモノに強くなりスーパーエフェクトも防ぐ「スーパーバリア」と相手の攻撃力を下げる「パワーダウン」。
    スライディングの特殊効果はぶつかった相手にバンパイア状態を付与する「バンパイアスライディング」。その性質上味方の体力回復の支援もできるし自分をほぼ不死身にすることもできるぞ。
  • ラビッツピーチ(英名:Rabbid Peach)
    ピーチに似た格好のラビッツ。本物より強気で自信家。自身の自撮りと回復が特技。防御よりのサポート型。武器は「ブラスター」と「ボムタンク」。
    スペシャルスキルは武器攻撃に強くなる「シールド」と味方を回復する「ヒーリング」。
    スライディングの特殊効果は多数の敵に体当たりが可能な「おしゃれスライディング」。火力と手数のバランスが取れている。
  • ラビッツヨッシー(英名:Rabbid Yoshi)
    ヨッシーに似た格好のラビッツ。荒っぽくてハイテンション。パワーと強力なシールドで突撃する超突撃型。武器は「マシンガン」と「アヒルばくだん」。
    スペシャルスキルはダメージを大きく軽減する「こうらシールド」と相手を大声で吹き飛ばす「クレイジーボイス」。
    スライディングの特殊効果は攻撃できる相手の数最多の「ウルトラスライディング」。

サブ

  • ビーポ(英名:Beep-0)
    ラビッツと一緒に異世界からやってきた円盤の様なロボット。人間並みの高度なAIや物質転送機能、ちょっとした空中浮遊能力を持つ。
  • キノピオ?
    おなじみキノコ王国の住民。一部ステージでは彼を護衛することになる。攻撃はできない。
  • キノピコ?
    キノピオと同じく一部ステージでは彼女を護衛することになる。キノピオとおなじく攻撃はできない。
  • スポーニー(英名:Spawny)
    スーパーマージと融合したラビッツ。クッパJr.に捕らえられている。ラ○ュタのロボット兵と似た顔をしている*1
  • クッパJr.
    悪役。キノコ王国をスポーニーの力で大混乱に陥れる。

ザコ敵

  • ジギー(英名:Ziggy)
    チンピララビッツ。二つ名は「必殺スライディング」(英語版:Dashing Ne'er-do-wells(意訳:走るロクデナシ))。
    ブラスターと同性能の銃を撃つほか、スライディングを使って攻撃してくる。ワールド2からは「ダークヒーローサイト」を使ってこちらが動いたときに狙い撃ってくる。
    ブキの追加効果はインク(ワールド3)、バウンス(ワールド4)。
  • ホッパー(英名:Hopper)
    チンピララビッツその2。二つ名は「華麗なるチームジャンプ」(英語版:Team Jumping Jerks(意訳:跳び回るトンチキ))。ブラスターと同性能の銃を扱う。少しタフなぐらいで凡そジギーと同じだがスライディングせずにチームジャンプを使う。
    ワールド2からは「シールド」を張ってこちらの攻撃によるダメージを1回だけ無効化する。
    ブキの追加効果はハニー(ワールド2)、プッシュ(ワールド3)、ファイア(ワールド4)。
  • スマッシャー(英名:Smasher)
    怪力と巨体が特徴的なラビッツ。二つ名は「にじり寄る巨体」(英語版:Pinheads in Pursuit(意訳:追跡するマヌケ))。攻撃を受けるとターンを無視して4マスにじり寄ってくる。攻撃を受けた際の移動で隣接されるとたとえこっちのターンでもハンマー扱いの柱を振り下ろして攻撃する厄介な相手。
    また、ワールド2からは「パワーブースト」で自分と味方の火力を引き上げてくる。
    ブキの効果はバウンス(ワールド2)、バンパイア(ワールド3)、インク(ワールド4)。
  • サポーター(英名:Supporter)
    さまざまな道具を持つずる賢いラビッツ。二つ名は「悪のオアシス」(英語版:Heels who Heal(意訳:癒し系悪役))。
    アヒルばくだんと同性能の爆弾を投げつけて攻撃する。また、「ヒーリング」スキルを使い味方の体力を回復する厄介な相手。
    ブキの追加効果はファイア(ワールド2)、アイス(ワールド3)、バンパイア(ワールド4)。
  • バックラー(英名:Buckler)
    盾を持つ逞しいラビッツ。 二つ名は「鉄壁のビースト」(英語版:Much-Mailgned Hidebehind(極悪回避野郎))。盾でガードしており、正面からの攻撃には爆発系除き無敵。ブームショットと同性能の銃を扱う上、ジギーのようにスライディングもしてくる。しかも爆発するブームスライディング。
    おまけに「スーパーチャンス」を利用して味方の武器をパワーアップさせる。
    ブキの追加効果はハニー(ワールド2)、プッシュ(ワールド3)、インク(ワールド4)。
  • ピーカブー(英名:Peek-a-boo)
    幽霊のような不気味なラビッツ。二つ名は「恐怖のテレポート」(英語版:Teleporting Terrors(意訳:恐怖のテレポート))。
    ワープ移動を持つコイツにはヒーローサイト系のスキルが使えない。シューター扱いの射撃攻撃をしてくる。また、「マグネットダンス」で周囲の敵を引き寄せるチカラを持つ。
    ブキの追加効果はバンパイア(ワールド3)、プッシュ(ワールド4)。
  • ブワルキリー(英名:Valkyrie)
    女戦士のような姿のアブナいラビッツ。二つ名は「モーレツダブルアタック」(英語版:Double Barreled Baddies(意訳:二連式悪役))。
    ホッパーのようなチームジャンプを使うが、着地と同時に衝撃波を巻き起こすヒップドロップ能力を持つ。武器はマシンガンと同性能のガトリング。また、「プロテクト」を使って味方をかばうこともある。
    ブキの追加効果はバウンス(ワールド3)、ファイア(ワールド4)。

中ボス

  • ラビッツパックン(英名:Pirabbid Plant)
    パックンフラワーと合体したラビッツ。二つ名は「燃える雑草魂」(英語版:Noxious Fire Weed(意訳:火の悪役雑草))。
    杖からファイア効果付きの火の玉(ランチャー扱い)を放ち攻撃をしてくる。
  • ブリージー&サンディ(英名:Blizzy & Sandy)
    氷山と合体したラビッツと岩山と合体したラビッツのコンビ。二つ名は「冷熱のタッグチーム」(英語版:Hot N' Cold Creeps(意訳:冷熱の不気味コンビ))。
    「ブリージー」はシューターとよく似たアイス効果付き冷凍光線を放ち、ダークヒーローサイトを持つ。
    「サンディ」はアヒルばくだんと同性能の燃えるファイア効果の爆弾を投げつけてくるほか、シールドを張って攻撃を防ぐ。
  • カラベラ(英名:Calavera)
    魔術師のような姿をしたアンデッドのようなラビッツ。バックラーと同じく盾を持つ。二つ名は「シールドの悪夢」(英語版:Shade Behind the Shield(意訳:盾に隠れし影))。
    捕まえたラビッツヨッシー/ラビッツからプッシュ効果のあるアヒルばくだんを発射して攻撃するほか、
    おぞましき叫びを上げ、クレイジーボイスの如くヒーローを遠ざけてくる。
  • ブワリオブワルイージ(英名:Bwario & Bwaluigi)
    キンキンに冷えたアイス効果付きガトリングドカンを操り、ダークヒーローサイトを持ちジャンプ時に爆風を起こす技巧派の「ブワリオ」と、
    怯むほどの重さがあるハニー効果付きドカンハンマーを操り、マグネットダンスで引き寄せる上攻撃を受けると4マスにじり寄って反撃を試みる武闘派の「ブワルイージ」のコンビ。
    二つ名は「ブワルイコンビ」(英語版:Corrupt Caricatures(意訳:邪悪な風刺画達))。ブワリオはブワルキリー、ブワルイージはスマッシャーに近い動きをする。

ボス

  • ラビッツコング(英名:Rabbid Kong)
    ドンキーコングそっくりの巨大ラビッツ。本物と同じくバナナが大好き。二つ名は「白色のバカヂカラ」(英語版:Goes "Bananas"(意訳:「バナナ」に向かう))。素手だが遠くの相手には相手を吹き飛ばすバウンス効果付き衝撃波を巻き起こす「ウェーブ」で、近距離の相手には掴みかかる「ソン・オブ・コング」で攻撃してくる。
    また、ダメージを与えてもバナナを食べ回復する。しかしフィールドギミックでバナナをどうにかできれば…
  • アイシクルゴーレム(英名:Icicle Golem)
    巨大な氷塊と融合したラビッツ。二つ名は「氷点下の巨人」(英語版:Effective Ice Breaker(意訳:効果的な砕氷者))。バックラーの如く盾で身を守っており、ランチャーと同性能のアイス効果付き冷凍弾を撃つ。
    第二形態では盾を失うが、ハンマー扱いのパンチ攻撃を使うようになり、「ホワイトアウト」(ダークヒーローサイトと同効果)を使うようになる。
    第三形態ではあまり動かなくなるが、スキルをフル活用してくる。
  • ファントム(英名:Phantom)
    テレサのおもちゃと蓄音機の二つと合体した太っちょの歌劇俳優ラビッツ。二つ名は「衝撃の美声」(英語版:Hogs the Spotlight(意訳:スポットライトを一人占め))。
    相手を吹き飛ばすプッシュ効果のある衝撃の美声(ランチャー扱い)がメインウェポン。
    さらに範囲内の相手を石化させる「ストーンロック」を持つ。また、フィールドギミックのスポットライトを浴びている間は無敵。
  • メカJr.(英名:Mecha Jr.)
    クッパJr.が建造した、ラビッツ風の巨大ロボット兵器。二つ名は「超暴走玩具」(英語版:Jr.'s Fave B-day Gift(意訳:Jr.お気に入りの誕生日プレゼント))。
    高熱を纏ったファイア効果付きのハンマーを振り回し、強力な爆風を発生させるプッシュ効果付きのボムタンクを発進させる。
    また、攻撃を受けると即座に攻撃してきた相手へ6マス接近し、ハンマーの射程内なら自動反撃する機能や怪しげな力場を発生させてマグネットダンスの様に相手を引き寄せる機能もある。
  • マグマクイーン(英名:Lava Queen)
    ブワルキリーとよく似た悪いラビッツの女王。二つ名は「灼熱の女王様」(英語版:Blows Her stack(意訳:火を吹く彼女の怒り))。
    妖しい魅力を持ったバンパイア効果のあるガトリングと相手を吹き飛ばすクレイジーボイスで戦う。
    ちなみにていさつカメラで見ると「ヴォルケーノクイーン」という表示ネームになっている。

    ラスボス

    • メガドラゴンクッパ(英名:Mega Dragon Bowser)
      時空の歪みから現れたドラゴンとクッパが融合した怪物。二つ名は「史上最強のカイブツ」(英語版:The Ultimate Boss(意訳:究極の王))。
      ファイア効果付きの火の玉をマシンガンのごとく吹いたり撃ったりするのがメイン武器。
      他にも怪しげな力場でマグネットダンスのように相手を引きつけたりするほか、ダークヒーローサイトを扱う。
      第二形態ではプロテクトを使うようになり、火の玉を降らせてくる。広範囲攻撃が使えるならプロテクト対象とともに攻撃してやろう。
      最終形態では無敵となるが、体当たり攻撃を上手く誘導することでダメージを与えられる。

コメント欄


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数

現在?
今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: シミュレーションRPG ゲーム マリオ ラビッツ


*1 実際それがモチーフ