マルタタイガー

Last-modified: 2021-10-20 (水) 17:30:21

この記事は日本語版Wikipediaに無い記事である。やったね!

※この項目では、未確認生物について説明しています。
けものフレンズにおけるマルタタイガーについては「マルタタイガー(けものフレンズ)」をご覧ください。

マルタタイガー(Maltese Tiger)とは、未確認生物の一種で、アモイトラの変種とされている。実在するかは不明。

詳細

初めて目撃されたのは、中国の福建省である。
名前の「マルタ」は、飼い猫の用語である青い毛皮に由来し、スレートグレーを指す。

孤立した小さな集団の中で、仲間の中で近親相姦が続くと、突然変異が起こる可能性がある。

アモイトラは絶滅の危機に瀕しているため、
マルタタイガーは、完全に絶滅している可能性がある。

なおアムールトラの生息地であった韓国からも青いトラが報告されている。
またマルタタイガーは、ミャンマーでも報告されている。

ちなみにマルタ色の猫(イエネコ)は、存在する?

目撃情報

ハリー・コールドウェル

1910年頃、アメリカ人宣教師で大物狩猟家のハリー・コールドウェルは、福州郊外で青い虎を見つけて狩った。
彼の著書「Blue Tiger」(1924)と、狩猟仲間のRoy Chapman AndrewsがCamps & Trails in China(1925、第VII章)で記録している。

Chapman氏は、Caldwell氏をCamps & Trails in Chinaで次のように引用している。


その獣の模様は目を見張るほど美しい。地色はマルタ種の繊細な色合いで、下部は淡いグレーブルーに変化します。縞模様はよくくっきりとしていて、普通の黄色いトラのようです。

—Caldwell、Chapman (1925)

カール・シュカー

『ミステリー・キャッツ・オブ・ザ・ワールド』の著者カール・シュカー (Karl Shuker) 氏の報告書にマルタタイガーの目撃情報も書かれている。

朝鮮戦争で韓国に従軍した米軍兵士の息子の話。
彼の父親は、現在非武装地帯となっている場所の近くの山で青いトラを見たと話した。

コメント欄

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: トラ 変種 ネコ 未確認生物