マンボウ科

Last-modified: 2021-06-11 (金) 18:07:38

マンボウ科とは、マンボウなどが分類される科である。

詳細

マンボウは体が背びれやしりびれのすぐ後ろで終わる珍しい魚。

マンボウ科の魚は普通の魚よりも脊椎骨が少なく、マンボウの脊椎骨はわずか16本である。。

マンボウは背びれと尻びれを使って泳ぐことが多い。
尻びれまたは背びれで向きを微調整する。

主にクラゲやサケなどの体の柔らかい動物を食べる。

標本?を集めるのが難しく、分類が混乱していて、
マンボウ属はかつて33種類いると考えられていた。

1951年?に「マンボウ」と「ゴウシュウマンボウ」の2種であると分かり、
2009年?にもう1種いると判明し、2017年に書かれた論文でカクレマンボウが発見された。
ゴウシュウマンボウはウシマンボウと同種とわかり和名がウシマンボウになった。
トンガリヤリマンボウとヤリマンボウは、別種と考える研究者もいる。

種類

マンボウ科

  • R.grahami Weems(絶滅)
  • R.tenneyorum Weems(絶滅)
  • R.zappai Carnevale(絶滅)
  • R.ogaii Uyeno&Sakamoto(絶滅)

コメント欄


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: