マール(ぷよテト)

Last-modified: 2021-11-16 (火) 08:09:12

CV:河実里夏?

……セカイを…… ……まぜる……
楽しいですねぇ……

概要

マール(英:Marle)は、ぷよぷよテトリス2の登場人物。後述の設定からか、誕生日や年齢などといった情報が公開されていない。
連鎖ボイスは円形由来。連鎖アニメが四角形モチーフなのは理由があるが、ネタバレ防止のために伏せる。
「ぷよぷよ」と「テトリス」の世界を混ぜた犯人とされている。エコロ曰く時空のバグ。上記のような不穏なセリフを発しながら、出会った人々に勝負を挑んでは誰かと戦いたくてたまらなくなる呪いをかける*1悪事を働いている。
なお、この呪いは必ず効くわけではないらしく、精神力などで跳ね除けることができる。レムレス?曰く、呪いは事情を知る者が勝負し勝つことで解けるという。
ミステリアスな性格(りんご?曰く電波系)で様々な世界に出没する謎の存在。
世界を混ぜることや混ぜた世界で勝負させることを何よりも楽しいと思っている、ある意味狂った思考回路の持ち主。それに加えて楽しい楽しいと常に言っている。タダもんじゃねぇ
が、本人曰く行動を起こした動機はぷよぷよとテトリスが混ざった勝負でみんなに「楽しい」と感じて欲しいという善意かららしい。
しかしそれを強制する行為を糾弾されるうちに苦痛に顔を歪ませるようになる。それでも狂ったかのように「これが楽しい」のだと繰り返していた。
アミティ曰く「楽しいと言っている割にはあまり楽しくなさそう」。
テト号に彼女が現れた際に、オーが観測した魔力の流れから、勝負の際に発生したエネルギーを吸収しているということが判明。が、本人は無自覚だった。

連鎖ボイス

連鎖回数掛け声
1連鎖ほらぁ
2連鎖よーし
3連鎖アニュラス
4連鎖ラウンドダンス
5連鎖パステルサークル
6連鎖シャイニーバブル
7連鎖以多ヘブンリースフィア

ぷよぷよクエスト?における性能

レアリティカード画像属性コストリーダースキルスキルバトルスキルタイプコンビネーション
☆6青/紫48味方全体の攻撃力を3.5倍、体力を3.2倍にし、9個以上の同時消しでネクストぷよをランダムで1個チャンスぷよに変える2ターンの間、味方全体の攻撃力をフィールド上の色ぷよ、おじゃまぷよ、プリズムボールの数×0.08倍にし(最大3.84倍)、5ターンの間、フィールド上のハートBOX、かたぷよの数×2%ダメージを軽減する「バリア」を付与する無しバランスタイプガールズ
ナゾ多き
☆760味方全体の攻撃力を4.5倍、体力を3.5倍、回復力を1.5倍にし、9個以上の同時消しでネクストぷよをランダムで2個チャンスぷよに変える2ターンの間、味方全体の攻撃力をフィールド上の色ぷよ、おじゃまぷよ、プリズムボールの数×0.1倍にし(最大4.8倍)、5ターンの間、フィールド上のハートBOX、かたぷよの数×2%ダメージを軽減する「バリア」を付与する

リーダースキルはきらぼしのレムレス?と同じ。無条件倍率がなかなかのものである上に9個以上の同時消しさえすればチャンスぷよを生成できるので、積極的に同時消しをして行きたい。
スキルは味方全体に2種類のエンハンスをかける補助系のもの。倍率は盤面依存だが、エンハンスなのでフィールドリセットなどの追加効果がない。必要ぷよ消し数は星6、星7ともに40個。
1つ目は属性やタイプを問わず味方全体にかかる攻撃力アップ、それもなかなかの倍率のもの。
攻撃力倍率はスキル発動時の盤面を参照して計算されるため、攻撃力が発動後に変動することはない。
ただ、基本となる1.0倍は計算式に含まれないため、盤面がアリィ?のとっくんスキルや高難易度クエストの敵からの盤面干渉でハートBOXだらけになった状態で発動した時など、計算された攻撃力が1倍以下になる可能性もある。そういった場合には、攻撃力は減少せずに後述のバリアのみ付与される。そもそもそんな状況でマールのスキル使うような人はいるのだろうか
なお、プラスぷよは色ぷよ2個分としてカウントされるが、それが祟ったのかスキルの説明に書いてある倍率の上限を超える挙動が確認されている。これは挙動・説明文ともに現在も修正されていない模様。
ちなみに、盤面が全部プラスぷよになった状態でマールのスキルを使うと☆7で9.6倍、☆6でも7.68倍というぶっ壊れ倍率になる。ただ何と言ってもプラスぷよで盤面が埋まった状態になることがそうそうない。異邦の童話シリーズのリーダースキルを利用すればターン数はかかるが盤面をプラスぷよで埋めることはできなくは無いが…
2つ目は味方の受けるダメージを減らす「バリア」。
バリアの効果はダメージを受ける時の盤面を参照して計算されるため、軽減率は発動後でも変動する。
スキル使用時にハートBOXやかたぷよがない状態でも、ダメージを受けた時点でそれらがあればダメージ軽減が発動する。
ただしこのスキルを使う際に気をつけたいのはおじゃまぷよ砲*2
おじゃまぷよ砲を撃たれた時、リセットされた後の盤面で軽減率が決まるため、かたぷよやハートBOXを残しておいても無意味。というかダメージ軽減のためにかたぷよを残しておくと逆におじゃまぷよ砲に使われるため、ダメージ軽減率はハートBOXで決まると考えての運用が望ましい。
ちなみに、ダメージ軽減は無属性攻撃や毒によるダメージにも有効なほか、とっくんボードの属性盾や他のダメージカットスキルとの重ねがけも可能。









ここから先はネタバレを含みます。

ネタバレ

概要その2

彼女もまた、呪いの被害者だったことが判明。りんご達は彼女を救うべく勝負を挑み、呪いを解いた。
その正体は時空の意志と呼ばれ、勝負の「楽しさ」を司る神に等しい存在であることが判明。道理で楽しい楽しい言っていたわけだ
「時空を遥か彼方から見下ろす場所」に一人で暮らしていたが、その孤独感や友達欲しさからスクエアスを創り出した。
前作に起きたことについてしっかりと見ており、本来交わることのない二つの世界を超えた絆や友情を目の当たりにした彼女は困惑しつつも、それが許されないことと知りながらそれを「楽しい」と思ってしまう。
その上、事件の解決後、世界の融合は解け関わった人物の記憶も消え全て無かったことになったが、心への影響は消えず心のどこかで「また会いたい」と思う者が現れてしまう事態が発生。
これをマールは素敵なことだと喜ぶが、スクエアスは「正しくない」と判断、それらを世界から完全に抹消する計画に反対した彼女はスクエアスに記憶と心を奪われて洗脳され、計画に使う魔力を集める駒にされた。
連鎖アニメが四角形モチーフだったのはこれが影響していたのだと思われる。
洗脳が解けた直後も記憶は封じられたままだったが、仲間達の勝負ややり取り等で記憶を取り戻し、スクエアスの暴走を止めるべく仲間に加わる。
洗脳が解けた後は、連鎖アニメとボイスのモチーフがちゃんと一致するようになる。
サイドストーリーでは、ぷよぷよクロニクルの世界に赴き、アリィ?に協力を求めた。

余談

洗脳された状態のマールはボイスチェンジすることで選択可能。ボイスチェンジで姿だけでなく連鎖アニメも変わるという手の込んだ仕様となっている。

関連項目

スクエアス
エックス
アリィ?

コメント欄

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: ぷよぷよテトリス


*1 正確には呪いでは無い
*2 フィールドにあるおじゃまぷよやかたぷよの数に比例する無属性ダメージを与えると同時にフィールドリセットをする敵の攻撃。高難易度クエストではだいたい1個でも即死ダメージ。