ミロクンミンギア

Last-modified: 2020-10-17 (土) 15:58:17

Myllokunmingia.jpg.jpeg

概要

5億2500万年前(カンブリア紀中期)に生息していた最初の魚の一つ。ハイコウイクチスとは同期。
 
大きさは2~3㎝ほど。ハイコウイクチスと同じくらいのサイズだが体高が高く、割と平べったい魚だったようだ。
生態もハイコウイクチスと同じようだったとされ、海底の泥をかき散らしたり水中を漂っていたりする有機物を吸い込むように食べるスタイル。
これは1億年後(シルル紀という時代の前半頃)にあごのある魚が登場するまで続いた。
 
そして視力が低くものがよく見えなかった事や、背骨がなかったので丈夫な筋肉の束(脊索(せきさく))が代わりを果たしていたのも共通点。
こんな奇妙な小魚から様々な魚が登場し、現在まで続いているのだ。

ちなみに名前は「昆明(クンミン)の魚」を意味し、中国雲南省で発見された。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数

現在?
今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 古生物 カンブリア紀