モンゴル人民共和国

Last-modified: 2021-12-19 (日) 18:25:39

モンゴル人民共和国とは、東アジアに存在した社会主義国家。 首都はウランバートル

国旗

歴史

1921年、ソ連の赤軍の支援でボクド・ハーン*1を推戴し、大モンゴル国として中華民国から独立した。1924年に一党独裁の社会主義の採用を宣言し、モンゴル人民共和国と名を改める。当時、ソ連、トゥヴァ共和国*2に次ぐ世界で3番目の社会主義国家*3となった。その後、1939年のノモンハン事件ではソ連(赤軍)と一緒に大日本帝國と戦い、1945年には、ソ連(赤軍)と共に満州国及び中華民国南京政府に侵攻し、勝利した。*41980年頃には、ソ連のペレストロイカの影響で民主化運動が活発になった影響で1990年にモンゴル人民共和国は崩壊し、モンゴル国と名を改め、民主主義国家となった。

国家方針

モンゴル人民共和国は成立以来ソ連寄りの政策を続け、その政策は、「ソ連の16番目の共和国」と称された。ソ連中華人民共和国との対立が激化したときも*5モンゴル人民共和国は明らかにソ連寄りの対応をとっていた。

モンゴル帝国との関連

先程も記述したように、初代首長は皇帝の意味を持つハーンである。
しかし、ソ連側からはモンゴル帝国のロシア支配*6について「ロシアの発展を遅らせた侵略活動」(事実)と見られていたため、教科書などにはモンゴル帝国の称賛を促す記述は存在しなかった。

なんと内陸国なのにもかかわらず海軍が存在していた。
ソ連の石油輸送の護衛的な役割を担っていたが、1997年に民営化され今では国内の湖の観光事業が主な仕事となっている。

国歌

モンゴル人民共和国成立から、1950年までは、「モンゴル・インターナショナル」という国歌が採用されていたが、1950年に国歌を変えた。この「モンゴル国歌」のメロディーは、現在のモンゴルの国歌としてモンゴルの人々に歌われている。モンゴル人民共和国崩壊後は、共産主義を称賛する歌詞を変えている。

コメント欄

  • 情報を追加させていただきました -- ジバロ 2021-12-09 (木) 16:26:09
  • 有り難うございます -- ぽめふう 2021-12-09 (木) 17:19:12

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag:


*1 そう、ハーンはチンギス・ハーンのハーンと同じ皇帝の意味を持つ言葉である。
*2 しかし、トゥヴァ共和国(タンヌなんだっけ…トゥヴァ)の社会主義政権は1944年、ソ連に併合された。
*3 ソ連をヨーロッパとして考えるならモンゴル人民共和国はアジア最初の社会主義国家である。
*4 が、現在の内蒙古割譲とはならなかった。今でも内蒙古はモンゴル国よりGDPは高い。
*5 中ソ対立
*6 モンゴル・タタールの軛