モーリシャスドードー

Last-modified: 2021-12-28 (火) 11:12:02


モーリシャスドードーとは、ハト目ハト科に分類される鳥の仲間である。飛べない鳥?

詳細

学名は、Raphus cucullatus (Linnaeus, 1758)。
大きさはシチメンチョウ?程。
アシュモレアン博物館に標本があったが状態が悪い為、焼却処分され、足など一部しか残されていない。

最も近縁な種はミノバト?である。
飼育されていた最後のドードーは、1647年に長崎県出島?に来ていた。

全身骨格は12体あり、同一個体のドードーの全身骨格は1体しかない
多数の骨と標本片・報告書・絵画で知られている。

大きさは、1ⅿほど。体重は10~14キロ。
翼は小さくて飛べない。
顔は、皮膚のが出ており、クチバシはかぎ状で大きい。
体は肥大している。羽色は暗灰色。
尾や足は小さい

生態

生態はよく分かっていない。
歩くのもうまく無かったが、走るのは速かったらしい。

主に乾燥した低地の森林に生息する種とされているが、高所に生えているCalvaria majorは、ドードーがタンバラコの実を食べて、ドードーの消化管を通過して初めて種子が発芽するとされており、丘陵地帯にも進出していた可能性がある

1個の卵を地上に産み、雌雄交代で抱卵する。

果実を食べることが判明しており、木の実、種子球根??も食べると推測される。
カンムリバト?のように、カニ甲殻類を食べていた可能性もある。

8月に産卵して、9月にヒナがふ化する。
夏は、サイクロンや嵐が発生するために耐えられるように、成長スピードは早かったと言われている。
3月ごろに羽の生え変わり、7月の終わりには成鳥の羽となっていた

絶滅

保存用の食糧として濫獲されたり、持ち込まれた豚による巣の捕食の結果、絶滅した。
船乗りが食用として非常に多く狩猟していた。

最後の個体と思われる鳥は、1662年に沖合の小島Ile d'Ambreで殺された。
統計的には、1690年まで存続していた可能性が高いとされる。

コメント欄

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: ハト ドードー 絶滅動物 飛べない鳥