ヤリマンボウ

Last-modified: 2021-10-04 (月) 16:42:26

ヤリマンボウとは、フグ目マンボウ科に分類される海水魚?である。

詳細

学名は、Masturus lanceolatus (É. Liénard, 1840)
漢字表記は「槍翻車魚」である。

世界中の温帯、熱帯の深さ670mまでに生息している。
20°C以上の水温を好む

最大で体長3.4 m、体重2,000kgに達する。
眼はマンボウ属よりも頭部の前方に位置する。

甲殻類クラゲを食べる。
銀色の楕円形で、底部に黒い斑点があり、上部に茶色がかった灰色。
下あごは、出る。

マンボウと似ているが舵びれがとがっている。若い個体は、特にとんがる。

生態は謎が多い。
メキシコ湾?のとある個体は、1日に平均10km移動した。
近縁種のトンガリヤリマンボウは、ヤリマンボウと同種考える学者と別種と考える科学者がいる。
82~105年生きると言われている。

台湾では、マンボウとして食べられている。
2002年以降、台湾の花蓮県でマンボウ祭りが開催され、ヤリマンボウ*1の肉の需要が高まった。

たまに水族館で展示されてることがある。

コメント欄

  • さらりととんでもないこと書いてある(笑) -- 柳泉あすか? 2020-08-30 (日) 20:08:23
  • ヤリマン ボウ -- ジバロ 2021-07-17 (土) 15:21:37
  • 名前が… -- ペンペン 2021-07-17 (土) 15:24:16
  • この画像なんなんだろ 焼き魚に見える() -- タキャキン 2021-10-04 (月) 16:42:18

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: フグ 海水魚 深海魚


*1 現地では「マンボウ」と呼ばれる