リヨぐだ子

Last-modified: 2021-10-17 (日) 11:56:06

 

 


ガチャァアア!!10連ガチャア!!いっぱいいっぱい回すのぉぉ!!
CV:金田朋子

概要

公式サイトで連載されている『マンガで分かる!Fate/Grand Order』に登場する女主人公。
ユーザー間では、漫画の作者名から取られた『リヨぐだ子』という呼称を用いられることが多い。

略歴

本編同様、マスター候補としてカルデアにやってきた新人。
ブレーキが壊れたようなフリーダムな言動で所長やマシュを振りまわしていく。

人物

若干イってる目と、常に開いたお口がチャームポイント。非常に口が悪く、歯に衣着せぬ言動やメタ発言の連発で周囲を翻弄する。
自らは「主人公」と名乗り、ロマニ達からも「主人公ちゃん」と呼ばれており、長らく本名不明だったが『もっと』第52話でジャンヌ?の部屋を訪れる際に「藤丸立香でーす」と名乗っている。しかし聞いたジャンヌが「そんな人カルデアにいましたっけ?」と言っていることから、アニメ化に乗った偽名か、もしくは本名を今まで隠していたかは不明。
とにかくとんでもなく濃いキャラ付けをされており、その振る舞いは完全にソーシャルゲームの重症中毒者であり、後述するように『Grand Order』以外のソーシャルゲームもやり込んでいたと思しき発言もしている。召喚を「要するにガチャね」と言い歓喜を上げつつぐるぐる回ってみせる等フリーダムに暴れまくる。その割にはガチャの排出率などには辛辣な発言も辞さない。所長?やジャンヌにも辛辣。運営にはもっと辛辣。それでもマシュ?からは物凄く慕われている。
同性好きのようで、所長やマシュに対するセクハラスキンシップはR-18の領域に突っ込むこともしばしば。
プレイスタイルは効率重視でストーリーは容赦なくスキップする。宝具演出もスキップしたいようだが中々実装されないため、事あるごとに運営に文句を言うのが恒例行事と化している。しかし『もっと』第80話にて「運営に噛み付くやんちゃキャラを売りにしているが、所詮は運営に経済的に支えられ決して一線は越えられない卑屈なペットに過ぎない」と暴露された。
サーヴァントに対する態度も基本的に手厳しく、作中で明確に「部下」「匹」扱いしたことのあるマスターはFateシリーズ通して見ても彼女が初めて。その言動からカルデア内では恐怖の象徴として見られている。
横暴なマスターはサーヴァントに裏切られることが常だが、リヨぐだ子の場合は『もっと』第22話でロマニとジャンヌによる紀元前一万年前へのレイシフトすら通用しなかった程の人外染みた強さがあるため誰も逆らうことができなくなっている。まさに暴君である。

能力

マスター・魔術師としては素人だが、その他の能力が人間の域に収まっていない規格外の存在。ユーザーからはもはや人間の域を超えているともっぱらの噂。
『もっと』第1話で素手でカルデアスから所長をサルベージしたり、ギルガメッシュでも手こずる聖杯の泥を(全裸で)浴びても平然としているばかりか、その聖杯の泥とうどん生地を混ぜ込むことでサーヴァントの幼生を生成するという色々と突っ込みたい試みをなんと成功させている。
フィジカル面も当たり前のようにずば抜けており、マシュの盾を使ってエリちゃん?を一撃で落としたり、素手でジャンヌを血の海に沈め金の宝箱に変えたりと、サーヴァントをも超えた戦闘能力を見せ付けている。更に2016年度のエイプリルフールではソロモンとして暗躍していたゲーティアに至ってはワンハンド・ネック・ハンギング・ツリーで締め上げて半泣きにさせてみせた他、2018年度エイプリルフールではティアマトに例のごとくセクハラじみた行為を働くなどやりたい放題。
挙句の果てには前述のとおり紀元前一万年までレイシフトで飛ばされるという仕打ちを受けたものの、これを紀元前一万年から1万2016年生き続けるという荒業で突破。どうすればいいのコイツ。
その桁外れの実力と存在感から、グランドの冠位になぞらえてグランドマスターと称されることもある。

コメント

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 型月 Fate/Grand Order