レオポン

Last-modified: 2021-10-17 (日) 11:12:34

レオポンPanthera pardus×Panthera leo
全長不明
生息地人が作成した雑種なので自然界には生息していない

レオポンとは、父親がヒョウで母親がライオンの雑種である。

詳細

名前の由来は「leopard」と「lion」を混ぜた合成語
レオポンは、捕獲されたライオンとヒョウで生み出されるため、野生では起こらない。
ヒョウのように斑点があり、側面の斑点はインドヒョウよりも小さく、
近くにあり、茶色で不明瞭で、若いライオンの退色斑のようである。

頭部や脊椎、腹部、下肢の斑点は黒色で明瞭であった。
尻尾は表面に斑点があり、その下に縞模様があり、毛の長い黒っぽい先端をしていた。
下側は汚れた白で、耳は淡黄褐色で、広い黒い筋があったが、
ヒョウに見られる白い斑点はなかった。

頭はライオンに似ているが、体の他の部分はヒョウに似ている。
生後9年3か月で体長1.41ⅿ、体重95.5kgになる
妊娠期間は101日と106日である。

レオポンの価値は、1億円とされている。

歴史

1910年にインドのコルハプールで初めて誕生した。
1頭は生後2.5ヶ月で死亡し、もう1頭は1912年にポコックが記述したときまだ生きていた。

その皮はボンベイ自然史学会の書記長ウォルター・サミュエル・ミラードによってレジナルド・インス・ポコックに送られた。

1959年に兵庫県西宮市の甲子園阪神パークで、兄「レオ吉」、妹「ポン子」が誕生する
当時の館長は、「明るいニュースを届けたい」と考えて、レオポンを誕生された
1961年には、「ジョニー」「チェリー」「ディジー」の3頭の兄弟が誕生した。

ジョニーは、最後の個体になり、24歳の時に亡くなった。
24歳は、人間だと120歳くらいである。

繁殖能力がなく、交雑種を作るのには「自然の摂理に反する」と言う批判があり、
その後は作られていないため、誕生してから75年後の1985年に絶滅した。

2003年に甲子園阪神パークが閉園され、レオポンの剝製は、国立科学博物館?(チェリー・ディジー)と天王寺動物園?(レオ吉・ポン子)、リゾ鳴尾浜?(ジョニー)に引き取られた。

2020年11月末にリゾ鳴尾浜の廃業され、ジョニーの剝製の適切な保存・展示場所を検討している。

コメント

閲覧者数

昨日?
今日?
合計?

タグ

Tag: ネコ 雑種 ライオン ヒョウ