レッドマン

Last-modified: 2022-10-09 (日) 10:14:48

レッドファイッ!

レッドマンとは、1972年に円谷プロダクションが制作した特撮ヒーロー作品のことである。ウルトラマンの派生テレビシリーズに数えられている。

概要

1971年、「スペクトルマン」「帰ってきたウルトラマン」「仮面ライダー」などが制作されたことで特撮ヒーロー作品の人気が上昇し、1972年には全部で12作もの特撮ヒーロー作品が制作されるに至った。
そんな中、日本テレビ系列で毎朝放送されていた「おはよう!こどもショー」という番組があった。この番組は視聴率の回復のためのテコ入れとして番組内で放送する5分程度の特撮ヒーロー作品(opや怪獣おじさんによる解説を除けば本編の尺は3分12秒)の制作を円谷プロに依頼。そして1972年4月24日、ついに赤いアイツが放送開始されたのである...。

あらすじ

レッド星雲のレッド星から派遣されてきた赤い通り魔レッドマンは、地球にいる怪獣や宇宙人達を次々に殺害倒していく。頑張れレッドマン!地球の明日は君にかかっている!

レッドマン

出身地レッド星
身 長1.8m~42m
体 重90kg~3万t
活動時間昼は無限(夜間や雨の時は30分)
飛行速度マッハ5

レッド星雲のレッド星から派遣されたヒーロー。怪獣を倒し、人類の平和を守ることが使命。嘘つけ。
「レッドファイト!」怪獣に対する死刑宣告を叫び、短時間で怪獣を殺害撃破していく。
しかし戦闘時の攻撃方法があまりにも物騒な上、一見大人しそうな怪獣ですらも躊躇なく殺害倒し、挙げ句のはてにブースカまで殺害退治しようとするため、ファンからは「赤い通り魔」などと言われている。こいつ本当にヒーローか?
しかし怪獣供養には参加しているので、一応彼にも思いやりの心はあったのだろう。

技・武器

  • レッドパンチ
    怪獣に叩き込む、一撃必殺のストレートパンチ。毎回一撃どころか何発も叩き込んでるだろとか言ってはいけない
  • レッドキック
    ただのライダーキック怪獣に強烈な飛び蹴りを放つ技。
  • レッドチョップ
    あまり特筆する点の無い技怪獣の頭部に打ち落とす手刀。
  • レッドナイフ
    切れ味の鋭い大型のナイフ。この武器で怪獣を殺害切り裂いて倒した。また、戦いによっては2本使用する事もある。
    • レッドショット
      レッドナイフの先端から弾丸を打ち出す技。命中した怪獣は爆発する。
  • レッドアロー
    「帰ってきたウルトラマン」のウルトラクロスの使い回し十字架状の槍。この武器で多くの怪獣を串刺し倒した。手持ちの部分が十字架なので、怪獣を刺した時にちょうど墓標のようになる。
  • レッドフォール
    怪獣を持ち上げ投げ倒す技。サータン戦ではレッドアローで串刺しにした後サータンを崖から投げ落とすという死体投棄とんでもない使い方をした。
  • レッドサンダー
    シュガロン戦でのみ使用したレッドマンの数少ない光線技。この技の合成は当時のカメラマン大岡新一氏のプチ自慢になっているそう。
  • 分身
    レッドマンが2つに分身する技。はっきり言って悪夢である
    グドン戦とビーコン戦で使用。

被害怪獣一覧(放送リスト)

←ここを押せば分かるぞ!

No.被害怪獣・宇宙人討伐日(放送日)決め技・武器
1ダークロン1972/4/24レッドアロー
2ブラックキング1972/4/25レッドナイフ
3アーストロン1972/4/26レッドナイフ
4アーストロン1972/4/28レッドチョップ
5ブラックキング1972/4/29レッドフォール
6ガラモン1972/5/1レッドアロー
7イカルス星人1972/5/2レッドナイフ
8ドラコ1972/5/3レッドアロー
9イカルス星人1972/5/4レッドキック
10ガラモン1972/5/5巴投げ
11ドラコ1972/5/6レッドアロー
12ペギラ1972/5/8レッドナイフ
13ジラース
バルタン星人
1972/5/9ジラースとバルタン星人の同士討ち
14ゴーロン星人
ペギラ
1972/5/10レッドナイフ(二体とも)
15ジラース1972/5/11レッドアロー
16ジラース
バルタン星人
1972/5/12巴投げ(ジラース)
逃亡(バルタン星人)
17ゴーロン星人1972/5/13レッドフォール
18ゴモラ1972/5/15右アッパー
19ウー
カネゴン
1972/5/16レッドアロー(二体とも)
20ウー
ゴモラ
1972/5/17レッドキック(二体とも)
21ウー
ゴモラ
1972/5/18投げ(ウー)
レッドアロー(ゴモラ)
22ウー
メフィラス星人
1972/5/19レッドナイフ(二体とも)
23ゴモラ
メフィラス星人
1972/5/20レッドアロー(二体とも)
24ウー1972/5/22エルボー
25メフィラス星人1972/5/23レッドナイフ
26サドラ
ダンガー
1972/5/24レッドナイフ(サドラ)
サドラに敗北(ダンガー)
27ゴーストロン1972/5/25レッドアロー
28ゴーストロン
サドラ
1972/5/26ニードロップ(ゴーストロン)
ゴーストロンに敗北(サドラ)

スタッフ

  • プロデューサー/近藤恒彦
  • 音楽/山下毅雄
  • 撮影/大岡新一、佐藤和美
  • 照明/伊藤裕二、田中謙二
  • 操演/岸浦秀一
  • 助監督/布施 修、石田 徹
  • 制作担当/近藤恒彦
  • 監督/大塚莞爾、安藤達己
  • レッドマン/久須美 護、西条 満
  • 怪獣/野武士の会
  • 怪獣おじさん/朝戸鉄也
  • 制作/円谷プロダクション

備考

引用元・参考文献

講談社シリーズMOOK ウルトラ特撮 PERFECT MOOK vol.27 ウルトラファイト/レッドマン/トリプルファイター
キャラクター大全 特撮全史 1970年代ヒーロー大全

関連動画

↑公式のyoutubeチャンネルで配信されている映像。
当時のopの映像はまだ見つかっていないらしい。

↑この映像が当時のop映像と勘違いされやすいが、円谷プロダクションの表記がとても嘘っぽいので、おそらく作り物だろう。

コメント欄

  • ついに奴を取り上げる時が、来たか…。どんなに人間に対して善良な怪獣でも、視界に入ったら容赦なく抹殺するからなぁ…%円谷が、生み出してしまったサイコパス%で、ウルトラマンコスモスの主人公で、慈悲深いムサシ隊員が、ワロガ戦以来にマジギレのコロナモードに変えるレベルの相手 -- 2022-09-19 (月) 17:45:43
  • これの次に放送されたのが、伝説のクソ特撮として名高い「行け!ゴッドマン」か…… -- 2022-09-19 (月) 18:03:58
  • ↑あれ言うほどクソか?低予算感はあるけど -- メカンダーロボ(編集者)? 2022-09-20 (火) 18:01:54
  • ↑↑↑50周年だからね(サンダーマスクも取り上げようかな) -- メカンダーロボ(編集者)? 2022-09-21 (水) 17:55:02
  • ↑↑ひどい時は敵と睨み合うだけで話が終わる回もあるからなぁ
    個人的に特撮版チャー研的なイメージ -- 2022-09-23 (金) 13:09:04
  • ↑なるほど。改めて見たけど何もかも雑なつくりだもんなあ。まあそれはそれで味があると思うが -- メカンダーロボ(編集者)? 2022-09-23 (金) 13:39:47
  • 某解説動画である程度は知っていたのですけど、朝に放送していいシロモノではありませんね…(同時期にチャージマン研も放送されていましたし、昭和だからできた番組ではあるのでしょうが) -- 乾物屋のビーバー 2022-09-30 (金) 22:46:21
  • ↑同時期の「レインボーマン」という作品では主人公が狂人にされる回もありましたし・・・ -- メカンダーロボ(編集者)? 2022-10-01 (土) 03:07:57

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 特撮 円谷プロ