レユニオンドードー

Last-modified: 2021-10-20 (水) 19:54:41


レユニオンドードーは、レユニオン島の固有種に生息していたトキの絶滅種である。

詳細

体色は、主に白。首と足は長い。餌はミミズなど。
人間による大量の狩猟や外来動物による捕食で絶滅した。
1974年に最初の準化石が発見され、1987年に初めて科学的に記載された。
翼端と背面のダチョウのような羽毛は黒かった。首と脚は長く、くちばしはトキの中では比較的まっすぐで短い。
現存する近縁種よりも体格がしっかりしているが、それ以外はよく似ている。体長は65cm以下だったと思われる

19世紀半ば、古い旅行者の記述は、島にいるドードーを明確に記述した記述があったことや、
17世紀に描かれた白いドードーの絵が最近浮上してきたことから、ドードーの白い親戚を指していると誤って考えられていた。
レユニオン島ではドードーに似た鳥の化石は見つかっておらず、その後、この絵が島と関係があるのかどうか疑問視された。
「ソリティア」とトキは同一であるという考えには限られた反対意見があったが、現在では広く受け入れられている。

コメント欄

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: トキ 絶滅 ドードー