ロドリゲスドードー

Last-modified: 2021-11-28 (日) 10:45:51


ロドリゲスドードーとは、ロドリゲス島?に生息していた飛べない鳥?である。

詳細

ハトとハトの科の中では、近くのモーリシャス島の絶滅したドードー?と最も近縁であり、
この2種はドードー亜科を形成している。現存する種で一番遺伝的に近縁なのは、ミノバト?である。

形状

雄は雌よりはるかに大きく、体長90cm 、体重28kgまであり、雌の70cm、17kgとは対照的であった。

その羽毛は灰色と茶色であった。雌は雄より青白い。
くちばしは、わずかに鉤状で、付け根には黒い帯があり、首と足が長かった。

ロドリゲスのソリティアの羽毛は灰色と茶色と表現されている。雌は雄よりも色が薄く、首の下側に淡い色の隆起がある
涼しい季節には太っているが、暑い季節には痩せているという脂肪の循環によって、体重は大きく変化していた可能性がある。

ロドリゲスドードーは1個の卵を産み、それを雌雄で交互に育成した。
砂肝石は果物や種を含む食物の消化を助けていた。

コメント欄

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: ハト 絶滅動物 ドードー