Last-modified: 2020-07-14 (火) 10:33:48

(音読み:マン・バン 訓読み:よろず)は以下の意味を示す常用漢字。画数は3画。

意味

  1. まん。数の単位。一〇〇〇の一〇倍。「数万」など。 詳細は「万(数の単位)」を参照。
  2. 数の多いこと。よろず。「万策」「万感」「万能」
  3. けっして。かならず。「万万(バンバン)」「千万(センバン)」

成り立ち

(A)象形。もと、と書き、うき草の形にかたどる。古くからの略字として用いられていた。教育用漢字はこれによる。
(B)象形。さそり(蠆(たい))の形にかたどる。借りて、数詞の「まん」の意に用いる。
※「卍」が字源だとする説もある。大漢和辞典によれば「西域では萬の數を表はすに卍を用ひる。万の字はその變形である。」とあり、藤堂明保らもこの説を採用している。こちらの説も古くから両字が通ずることを認めている。