仮面ライダーキルバス

Last-modified: 2022-07-06 (水) 22:03:50

【注意】この記事にはVシネ仮面ライダークローズに関するネタバレが含まれています

右のファイルは著作権侵害の可能性があるため、一時的に削除されています:(./IMG_20181003_194141.jpg);
「さあ、エボルトを狩るかァァ!」

本稿では地球外生命体キルバスとその細胞から作られたスマッシュについても記述する。

概要

仮面ライダーキルバスとは仮面ライダービルドテレビ本編後の新世界での話『ビルド NEW WORLD 仮面ライダークローズ』に登場する仮面ライダーである。
演:進藤学。
CV:勝 杏里。

変身者はテレビ本編でラスボスを務めた地球外生命体エボルトの兄であるキルバス。その力はエボルトは愚か既存の仮面ライダー達の力を凌駕する。

蜘蛛をモチーフとしており、戦闘においても蜘蛛の特性を活かした戦いをする。

姿はビルドの派生フォームのような容姿であり、身体の体色は黒とで構成されている。

ラビットタンクスパークリングのように仮面ライダービルドの各種フォームの武器を召喚し存分に振るう。切りつけた時に赤黒い光が発生するのが特徴(武器に自身のエネルギーをバフしているのだろうか?)。

戦闘力

ビルド作品屈指の実力の持ち主であり、仮面ライダーエボル フェーズ1と仮面ライダークローズマグマを同時に相手どってなお圧倒する程であり、クローズ最強形態のクローズエボルを相手に最初は優位に立ち回っていた程である。
後に公開された雑誌によって、仮面ライダーエボル フェーズ4以上の戦闘力を有している事が判明した。

もっとも、劇中本人のセリフに「お前は一度としてこの兄に勝ったことはない」という物があった。

必殺技

キルバススパイダーフィニッシュ

確認されている限り二つのパターンが存在する。
一つは相手の身体に強靭な糸を絡ませて自由を奪い、動けなくなった相手を自身の背中から展開した巨大な蜘蛛の脚で破壊する攻撃。
二つ目は両手から出した伸縮自在な糸で相手を拘束、持ち上げ、自身の頭上にまで持ってきてそこにオーバーヘッドキックを決め込む手法がある。

地球外生命体キルバス

融合前の世界の記憶を持つ戦兎と万丈の住むエボルトのいない世界、通称・新世界にて白いパンドラパネルから現れた未知なる存在、その正体はエボルトの兄にしてブラッド星の王キルバスであった。
目的はエボルトに奪われたパンドラボックスを奪還し、その力を使いビッグバンを起こし自身もろとも宇宙を消滅させる事。

エボルト曰く、『破滅型の快楽主義者』であり、故郷のブラッド星を滅ぼした張本人。

普段は桐生戦兎を襲撃した際に、テレビに映っていた人気ダンサー柿崎悟志の姿に擬態している。
やや頻繁気味に自身のアイテムにキスをするなど奇行が目立つ。

スマッシュ

自身の細胞を使い、スマッシュの擬態を作り出すことも可能。劇中ではストロングスマッシュ、ストレッチスマッシュ、フライングスマッシュの三体を各々2体ずつの計6体を生み出した。
キルバスの分身なだけあり、数の暴力もあったとはいえ仮面ライダーグリスと仮面ライダーローグを圧倒した。

変身とそのツール

変身ツールは盗んだ戦兎のビルドドライバーと戦兎が開発したクモ型ペットロボをキルバスの特殊能力で変化させて生み出したキルバスパイダー、そして自らの手で生成したキルバススパイダーフルボトルを使い変身する。
変身の流れは、
キルバススパイダーフルボトルをキルバスパイダーに装填→それをビルドドライバーにセット→レバーを回し、「変身」の掛け声で変身完了となる。

変身をする際にはドライバーからクモの巣の形をしたスナップビルダーを展開、それを纏うような形で変身する。

余談

その姿が公開されたとき、あまりの赤さにクモではなく蟹がモチーフだと勘違いする人が多かったとのこと。

役を演じる進藤学氏は過去に幾つかの特撮作品(『超星艦隊セイザーX』のアド=イーグルセイザーと『海賊戦隊ゴーカイジャー』のバリゾーグ、シド)での演技経験がある。

コメント

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 仮面ライダー 仮面ライダービルド