Last-modified: 2022-08-09 (火) 22:06:29

一般的には武器である刀剣類のうち、刀身の片側のみに刃先がついたものを表す。
古来の日本では「(かたな)」といったらナイフ類全般を表すことが多く、現代の中国でも単に刀とした場合、武器としての刀だけではなく、鉈も意味しておりややこしい。

(かたな)」がナイフではなく、剣や刀を表す言葉として使われるようになったのは戦国時代の後半と言われる。


刀という単語は、マンガやゲームなどのサブカルチャー上において、日本刀の通称として使用されることが多い。これは日本刀の顔役ともいえる打刀が、戦闘用のナイフを大型化して生まれた武器だからであり、先述の通り、古来の日本ではナイフ類のことを用途問わず、「(かたな)」と呼称していた名残でもある。


刀剣類の区分としての刀は、形状により曲刀と呼ばれたり直刀と呼ばれたりする。曲刀というのは刀身部分がカーブを描いたタイプを指し湾刀ともいう。直刀は刀身にカーブのないまっすぐなモノのこと。
曲刀は南方が起源であり、直刀は北方系である。

コメント欄

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 武器 刃物