Last-modified: 2021-04-15 (木) 19:51:06

剣とは武器、刃物の一種である。後述の「刀」と引っくるめて刀剣・刀剣類と呼ばれることもある。

どんなの?

簡単にいえばナイフの刃の所をめっちゃ長くしたヤツで、人間が人殺しのためだけに作った初めての道具。
鉈や斧のように切ったり、槍のように突き刺したりして使う。

百科辞典や戦史関連の書籍などでは、剣は刀剣類であり、その中でも刀身が左右対称であること、その両サイドに斬擊用の刃先が設けられ、かつ刃渡り50cm以上の刃物と定義されることが多い。逆に刀身の片側にしか斬擊用の刃先がなかったり、左右非対称だったりというのは「」に分類されるケースが多い。

ネット上では、基本的に上記の「刀」や「剣」の定義や区分が使用されることは、百科辞典やマニアックなサイトでもない限りまずない。
電子掲示板やSNS上の書き込みで「剣」という単語が出てきたら、それは刀剣類の総称として扱われていると思ってもよい。

歴史?

人間が最初期に作った(使った)道具は木の棒を利用した槍や棍棒、投げ付けたり木の実を砕いたりするための石、少し凝ったものでは弓矢がある。
これらの道具は、猛獣を追い払ったり、食料を得るための道具であり、もちろん殺人に使われなかったというわけでもないが、人殺し専用の道具ではなく、
あくまでもその日の糧を得る為の日用品でしかなかった。

剣は人が金属を作り出せるようになってから生まれた道具あり、その誕生は上の道具よりもはるかに遅いものだったが、単純な殺人の道具で終わらず、
祭りの道具や偉い人の象徴としての使い道が見いだされたという点でも他の道具とは一線を画す。

剣が生まれてから暫くの間、剣の使い道は戦争で使うか、偉い人が腰に身に付けたり、祭りや儀式的ななにかをする時の道具で使ったりするかぐらいだったが
やがて人間の数が増え、金属を加工する技術が発展していくにつれて、偉い人だけでなくいろんな人々が身に付けられるようになり、戦争じゃなくても、喧嘩や強盗、追いはぎに恐喝或いはそれらから身を守る手段として使われるようになっていく。

コメント

コメントはありません。 コメント/剣?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 武器 刃物