千の風になって

Last-modified: 2021-04-10 (土) 23:23:02

千の風になってとは一度は聴いたことがある(はず)あの名曲である。
アメリカ合衆国で話題となった詩「Do not stand at my grave and weep」の日本語訳。

 

2001年、新井満が、アメリカ合衆国発祥とされるこの詩を日本語に訳し、自ら曲を付けた。原詩の3行目 "I am a thousand winds that blow" を借りて『千の風になって』のタイトルがつけられた。
最初はこの曲のCDを30枚のみプレスし、知人に配布していたが、2003年8月28日付の朝日新聞朝刊『天声人語』で『Do not stand at my grave and weep』が取り上げられた際に新井の訳詩が掲載され、少しずつ話題となり、2003年月11月6日には新井歌唱のCD(市販盤)と詩集が発売され、約3か月で10万部を突破した。

 

今でもこの曲は有名。
今後も語り継がれるべき

 

関連動画

伝説の名曲

これはひどい(誉め言葉)

 

コメント

  • 何年ぶりかな…この曲聴いたの…いつ聴いても良い曲やのぉ -- ブロチュウ 2018-06-29 (金) 06:46:04
  • 千のどなるどになって、もう10年前かよwww -- 2018-06-29 (金) 11:17:27
  • マリオ64のエンディングを千の風になっての歌詞で歌ったやつがくだらなくてすこ -- オトメロン奴隷 2018-06-29 (金) 12:07:07
  • ポケモンに千の風になってを歌わせたやつすんごいすき -- ブロチュウ 2018-06-29 (金) 23:55:59

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
 

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?