南アフリカ共和国

Last-modified: 2021-04-11 (日) 13:39:25

南アフリカ共和国(アフリカーンス語: Republiek van Suid-Afrika)は、アフリカ大陸最南端に位置する共和制国家。

南アフリカ共和国
国旗
基本情報
公用語アフリカーンス語
英語
バントゥー諸語9言語
首都プレトリア(行政府)
ケープタウン(立法府)
ブルームフォンテーン(司法府)
最大の都市ヨハネスブルグ
面積122万㎢(24位)
人口55,653,654人(26位)
通貨ランド(ZAR)

概要

金・ダイヤの原産地として有名。
「ヨハネスブルグのガイドライン」でお馴染みのヨハネスブルグはこの国の都市。
政治的には長らく白人と黒人で分断されており、それこそ歩道橋の階段ですら分けられていた。(日本人は名誉白人だが、おそらくインド人は黒人用を昇らされたと思われる)

国民

民族

黒人(79%),白人(9.6%),カラード(混血)(8.9%),アジア系(2.5%)

言語

英語,アフリカーンス語,バンツー諸語(ズールー語,ソト語ほか)の合計11が公用語

宗教

キリスト教(人口の約80%),ヒンズー教,イスラム教等

略史

・1652年
オランダ,ケープ植民地設立。
・1910年
「南アフリカ連邦」独立。
・1961年
英連邦から脱退し共和制移行(「南アフリカ共和国」成立)。
・1991年
アパルトヘイト関連法の廃止。
・1994年4月
初の全人種参加型の総選挙を実施。
・1994年5月
マンデラ政権成立。
・1995年11月
全人種参加の地方選挙を実施。
・1997年2月
新憲法発効。
・1999年6月
第二回総選挙実施,ムベキ大統領就任。
・2004年4月
第三回総選挙実施,ムベキ大統領再任。
・2008年9月
ムベキ大統領辞任,モトランテ大統領就任。
・2009年4月
第四回総選挙実施。
・2009年5月
ズマ大統領就任。
・2014年5月
第五回総選挙実施,ズマ大統領再任。
・2018年2月
ズマ大統領辞任,ラマポーザ大統領就任。
・2019年5月
第六回総選挙実施,ラマポーザ大統領再任。

経済

南アフリカは,サブサハラ・アフリカの全GDPの約20%を占め,サブサハラ・アフリカ諸国の中で第2位の経済大国として,アフリカ経済を牽引している。最大の貿易相手国は中国であり,EU,米国,日本との貿易関係も活発であるが,最近では,サウジアラビア,インド,南部アフリカ諸国との経済関係強化も重視している。

主要産業

(農)
畜業,メイズ,サトウキビ,大豆,柑橘類,その他の野菜・果物類,ジャガイモ,小麦,羊毛,皮革類
(鉱)
金,プラチナ,鉄鉱石,石炭,銅,クロム,マンガン,ニッケル,ダイヤモンド,バナジウム,チタン
(工)
食品,製鉄,化学,繊維,自動車

GDP

3,663億米ドル(2018年:世銀)

一人当たりGNI

5,720米ドル(2018年:世銀)

経済成長率

0.6%(2018年:世銀)

物価上昇率

3.6%(2018年:世銀)

失業率

27.0%(2018年:世銀)

総貿易額

(1)輸出883億ドル(2017年:世銀)
(2)輸入830億ドル(2017年:世銀)

主要貿易品目

(1)輸出
金,希金属,鉱物製品,化学製品,食料品類,繊維製品機械製品,自動車類
(2)輸入
食料品類,鉱物製品,機械製品,自動車類(部品含む),化学製品,繊維製品

主要貿易相手国

(1)輸出
中国,米国,ドイツ,日本,インド,ボツワナ(2017年:JETRO)
(2)輸入
中国,ドイツ,米国,インド,サウジアラビア,日本(2017年:JETRO)

通貨

ランド(Rand)

為替レート

1米ドル=約14ランド(2018年11月)(南ア準備銀行)

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

観覧者数

今日?
昨日?
合計?