地球

Last-modified: 2021-12-10 (金) 22:44:30

地球は青かった!
しかし祖国は赤かった

概要

地球とは この星、太陽系?第三惑星(太陽に3番目に近い星)のことである。

水と酸素に満ちた生命がいきいきと息づく惑星で、UMAなど人間がよく知らない生物もいる。

おそらくこのwikiの編集者達も地球に住んでいるだろう。

地球にはこのページ、いやこのwikiに書ききれないほどの歴史がある。

地球の誕生

気が遠くなるほど昔に、生まれたての太陽から沢山の岩、微惑星が出てきた。
その微惑星は重力により引合い、くっついて巨大化していった。
そして出来たアツアツの原始惑星(マグマ・オーシャン)に含まれた水分が蒸発し、冷えて海が出来、生命が生まれた。
こうやって地球は誕生したのである。

  • レイト・ベニヤ仮説
    地球の内部にある白金族元素の量が計算値よりも百倍高くなることから提唱された、地中にあるマントルに白金族元素を含むコンドライト?が帳尻合わせのように衝突していると考えるもの。

地球の構造

地球は岩石型惑星であり、木星のようにガスで出来ていたり天王星のように氷で出来ていたりはしない。
岩石型惑星なので地殻、マントル、核の三層に分かれている。
地殻はアルミニウムやカルシウムなどの軽い金属で構成されており、反対に核は鉄やニッケルなどの重い金属で出来ているぞ。
マントル周囲はすごい圧力で、固体のはずの岩でさえ水飴のように流動している。
核はものすごい圧力のせいで液体と化しており、対流している。
この対流によって地磁気が発生しているぞ。→ダイナモ理論?

上部・下部地殻を分ける
コンラッド不連続面?
地殻・マントルを分ける
モホロビチッチ不連続面?
マントル・外核を分ける
グーテンベルグ不連続面?
外核と内核を分ける
レーマン不連続面?

というものが存在する、

他にもエドアルト・ジュース?によって地球内部を
サル?シマ?ニフェ?の3つに分けたものなどがある。

地球の運動

当たり前のことだが、地球は動いている。
太陽の周囲を365日と4.8時間ちょいの周期で一周している。
季節があるのはこの回転のおかげ。
そして、地球自身も回っている。その周期は24時間ちょい(24時間キッチリではない)で一周。
これにより地球は昼夜があるのだ。

  • 地球の極運動

極運動または天文緯度変化という。
カール・フリードリヒ・キュストナー?というドイツの天文学者によって発見された。

地球の極運動はオイラー周期とチャンドラー周期の二種がある。

オイラー周期は約300日周期の理想的な自由回転。
チャンドラー周期は実際に観測される430日周期の回転。

コメント

  • 3行目かっこいい 4行目こわい -- 俺はページを作る者だ 2018-01-06 (土) 12:03:10
  • すごい -- 2020-08-26 (水) 06:54:14
  • こう考えると人類は皆住所特定されてるね -- 2020-10-05 (月) 20:32:35
  • 地球生まれ地球育ちだけど質問ある? -- ペンペン 2021-09-08 (水) 19:32:47
  • ↑地球って何?(((( -- タキャキン 2021-09-08 (水) 19:49:13
  • うち実は地球に住んでるんですよね -- 秋のななくさ 2021-09-08 (水) 21:57:54
  • ↑まじですか?わたくしもそこ住みなんですわよ。 -- ときさめ 2021-09-08 (水) 22:00:53

専門用語解説

天文学者の一覧?
地球の内部構造?
天体の運行について?

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 惑星