忍たま語

Last-modified: 2021-03-04 (木) 19:59:46


/山田先生、忍たま語って公式なんですか\ /いや、非公式だが\

忍たま語とは

忍たま語とは、忍たま乱太郎に出てくる言葉のなかで、現代社会で使用しても何ら違和感がない言葉である。ただし、使用できるのは忍たまを熟知する人物が周りにいないときに限るものであり、周囲に自分の忍たま愛が知られたくない際には使用は控えることをお勧めしたい。

忍たま語一覧

いけいけどんどん

読んで字の如く。景気づけの言葉か。
由来は、六年ろ組の七松小平太の口癖から。

落とし穴

地面に掘って表面を隠し、人や動物などを落として捕えるように仕掛けた穴。また、人を陥れるための策略。
由来は、四年い組の綾部喜八郎が、落とし穴を掘ることが得意なことから。

おほー

驚き、感動、その他さまざまな感情を表すときに使える感嘆詞。
由来は、五年ろ組の竹谷八左ヱ門の口癖から。

ギンギン

気分が高ぶるさま、熱さや冷たさが極端なことなどを表す言葉。
由来は、六年い組の潮江文次郎の口癖から。

厳禁

厳しく禁じること。厳重に禁止すること。
由来は、六年い組の立花仙蔵、一年は組の福富しんべヱ及び山村喜三太のトリオの名称から。

豆腐

豆乳に「にがり」を入れて塩析させた食品。木綿、絹、高野、など様々な種類がある。
由来は、五年い組の久々知平助が豆腐に目がないことから。

同室

同じ部屋。住む部屋、泊まる部屋を同じくすること。
由来は、六年は組の善法寺伊作と食満留三郎のコンビの名称から。

ドケチ

非常に金品を出し惜しみすること。また、その人。吝嗇家ともいう。
由来は、一年は組の摂津のきり丸が非常にドケチであることから。

どこんじょー

ド根性。根性のずぶとさを強めて言う語。不屈の根性。
由来は、一年は組の元担任の大木雅之助の口癖から。

納豆

蒸した大豆を発行させた食品。茨城県で生産されることで有名。
由来は、一年は組の元担任の大木雅之助の大嫌いな食品から。

練り物

練り固めて作った食品。ちくわやかまぼこ、はんぺんなど。
由来は、一年は組の担任の土井半助の大嫌いな食品から。

バカタレイッ!

馬鹿垂れ。馬鹿を強めて言う語。また、その人。
由来は、六年い組の潮江文次郎が後輩などに言う言葉から。

ラッキョ

ラッキョウ。ユリ科の多年草で、特有の香りを持つ鱗茎を収穫して食す。
由来は、二年い組の担任の野村雄三の大嫌いな食品から。

リンス

洗髪後、髪になめらかさを与え、毛の状態を整える化粧品。語源はrinse(すすぐ)。
由来は、一年は組の福富しんべヱが剛毛なため就寝前のリンス(大豆の煮汁)が欠かせないことから。

ワカメ

浅海に生育する昆布化の褐藻。食用で、葉のみならず茎も「めかぶ」として食することができる。
由来は、一年は組の福富しんべヱがワカメをあまり好きではないことから。

コメント


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

忍者の数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 忍たま乱太郎 国民的アニメ