授業

Last-modified: 2022-01-03 (月) 00:00:46

授業(じゅぎょう;英:lesson, class;独:Klasse, Unterricht)とは主に学校や塾などで行われる、教師またはその立場にある者が教え子に学問、教養、技術を教える行為のことを指す。

字義


業を授ける

漢字ここでの意味
さず-ける(動詞)さずける。
わざ(名詞)学問。

講義・演習との違い

どちらも「授業」という枠組みには入る。

講義(lecture, Vorlesung)

狭義では、高等教育機関(大学・大学院・短大・高等専門学校など)では、実験・演習を除いた大学の授業を指す*1
講義とは、授業のうち、教場で講師が学生に口頭・板書を使って教え、学生がそれを聴いて見て学ぶ形式のものである。
一般的には中等教育機関以下(高等学校・中学校・小学校など)で上の形式のものを講義ということは少ないが、広義ではそう呼んでも間違いではない。
まだ高等教育機関に入っていなくても,わざと友達に「講義」と言ってみると格好いいかもしれない。

演習

小課題について学生に自主的に調査・研究させ、その成果を発表させて、その学問の研究法を体得させる訓練*2
講義とは異なり、学生が能動的に学習活動を行うという点で違いがある。学生や教員と集まり、互いに討論をしたりすることをいうことが多い。
「学問の研究法を体得させる訓練」とある通り、分かり切った結果を聴くのではないから、講義とは大きく性質が異なる。
また、授業中に練習問題を解くこと(主に中等教育機関の範囲内の学問を学ぶとき)を演習と呼ぶこともある。

関連記事

時限?
教科科目?
教員?先生

コメント

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 教育


*1 三省堂『新明解国語辞典』第7版483ページ
*2 出典は上と同