日常系

Last-modified: 2021-04-30 (金) 09:47:55

日常系とは、漫画・アニメにおける一ジャンルである。

概要

「日常」をテーマとし、大きな事件が起きる訳でもなく淡々と過ぎる日々を描写する作品を指し、Wikipediaだけだが「空気系」とも呼ばれる。広義には「サザエさん」「クレヨンしんちゃん」などのファミリー向け作品を含むが、狭義には萌え美少女をメインキャラとする作品を指すことが多い。この項目では、狭義の日常系について記述する。

特徴

特徴としては、

  • 主人公らに明確な目的が無いか、あったとしても本筋に関わって来ない
  • 基本的に一話完結、読む順番が前後しても内容が理解できる

が挙げられる。傾向としては、特定のキャラクターにスポットを当てるのではなく、グループ全体を描写する群像劇となることが多い。また、敵やライバルが存在しないため、キャラクターたちは互いに無条件で肯定し合う関係にあり、それが日常系独特のまったりした雰囲気を醸し出している。
ジャンルとしては歴史が浅いが、2000年代中盤以降急速に広まり、「萌え四コマブーム」や「難民アニメブーム」を引き起こした。一方で明確な定義はなく、公式で日常系を名乗る作品は意外と少ない。近年では、海外でも「CGDCT*1と呼ばれ勢力を拡大している。
2010年代前半頃までは、「変わらない日常」をテーマとし、学園生活を中心にひたすら日常だけを描く作品が多かったが、徐々に「成長要素のある日常系」が増え、現在はこちらが主流になりつつある。成長要素の存在は、一見すると日常系の特徴から外れているようにも見えるが、実際にはキャラクターの内面的なものであり、人間関係や性格にまで変化を及ぼすことはない。ストーリーがなく、マンネリ化しやすい日常系において、作品に深みを出しやすいことが増加の理由と思われる。

設定

萌え系作品であることから、学生生活を中心に描くことが多く、特に高校生設定が多い。世界観は現実の日本を舞台としたものがほとんどで、敵役や過度なギャグキャラは登場しない。男性キャラが登場することは少なく、登場する場合も、多くは主人公らの恋愛対象にならない家族などに限られる。

他ジャンルとの関係

百合

日常系作品は、女性キャラクターがメインであること、キャラクターの関わり合いが中心になることから百合と親和性が高く、百合描写のあるキャラクターが登場することもある。*2ファンによるカップリングや二次創作も盛ん。逆に百合作品でありながら日常系の要素が強い「ゆるゆり?」のような例もある。

ギャグ

互いによく似た特徴を持ち、どちらもコメディに分類されるため、日常系かギャグかで作品の解釈が分かれる場合がある。例に「キルミーベイベー」「女子高生の無駄づかい」がある。

部活もの

日常系にも部活動を舞台とした作品があるため、混同されやすいジャンル。「部活動で過ごす何気ない日常を描く」か「部活動での目的や成長を描く」かで明確に区別できるが、日常シーンの多い部活ものもある*3ため、一見区別しづらい場合もある。

ファンタジー

日常系は現代日本を舞台としている場合がほとんどだが、「ご注文はうさぎですか?」「えんどろ~!」などファンタジー要素のある日常系も一部存在する。この場合、「微妙に非日常系作品群」と呼ばれることもあるが正直ほぼなく、実際のところ日常系としてひとまとめにされることがほとんど。

特徴的な作品

  • あずまんが大王?
    1999年に連載を開始した作品で、日常系というジャンルの確立に大きな影響を残した作品。特にキャラクターの設定に関しては、後の日常系作品と比べても全く遜色ないものとなっている。アニメ化もされている。
  • らき☆すた?
    2007年のアニメ化をきっかけに人気に火が付き、今もなお連載が続く日常系萌え4コマの秀作。聖地巡礼による町おこしが大きな話題となった。ゆるい日常を描きながらもサブカルネタの多い、ややニッチな作風で今なお根強いファンが多い。
  • ひだまりスケッチ
    まんがタイムきらら系列では初のアニメ化作品である、日常系の名作。ゆるく温かい作風だが、入試や別れなど、辛い出来事も日常の一場面として丁寧に描かれているのが特徴。
  • けいおん!
    社会現象と言われるほどのヒットを飛ばし、ファンのみならず一般層や評論家を巻き込んだ大ブームを巻き起こした日常系の快作。自然な女子高生の描写で人気となった。
  • ゆゆ式
    「キルミーベイベー」と共に難民という概念を生み出した日常系の傑作。学校や家での、変わらない普通の日常を描き、ファンからは熱狂的に支持されている。
  • のんのんびより?
    日常系では意外と珍しい、田舎を舞台とした作品。田舎ならではのゆるい空気感が見事に日常系と融合。また、グループ内でキャラクターの年齢がかなり離れているのも珍しい。
  • きんいろモザイク
    テンポの良い作風で人気がある日常系の金字塔。日常をひたすら明るくコミカルに描いている。
  • ご注文はうさぎですか?
    ひたすら可愛い作風で大ヒットを記録した、成長する日常系のパイオニア。ファンタジー要素のある世界観と魅力的なキャラクターで幅広い支持を得ている。
  • ゆるキャン△?
    キャンプを題材とした作品だが、もちろんキャンプが主人公らの日常ではない。しかし雰囲気やキャラクターの人間関係が非常に日常系に近く、結果日常系と同等の扱いをされている異色の作品。

コメント

  • ドロヘドロは日常系に入りますか? -- 2021-04-16 (金) 06:06:52

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

閲覧者数

今日?
昨日?
合計?

タグ

Tag: 日常系


*1 Cute Girls Doing Cute Thingsの略、「かわいい女の子がかわいいことをする」の意
*2 ただし百合がメインとなるのを防ぐためか、両想いは少ない。
*3 「ステラのまほう」、「恋する小惑星」など