東方キャラ一覧/大妖精

Last-modified: 2019-05-16 (木) 21:25:55
妖精は人間以下の存在ですが、その中でも力のある者が大妖精です。
その性格は他の妖精と変わらず、陽気でいたずら好き。単純で表情豊かです。
2004年1月12日付 ZUN氏の日記より抜粋
多分モブみたいな立ち位置のつもりだったんだろうが、今や普通のボスと同格の人気を得ている

大妖精とは、上海アリス幻樂団制作の作品群、「東方project」に登場するキャラクター。

目次





概要 Edit

種族妖精
初登場作品「東方紅魔郷」

紅魔郷での大妖精。元がこんなちっちゃいグラフィックなので、二次創作は作品によって細かいところが違う

「東方紅魔郷」の2面で中ボスとして現れるキャラクター。
「大妖精」というのは妖精の中で特に力が強いものをまとめて言う分類名で、彼女の名前ではない。要するに名無しのキャラ。(以下、種族名としての大妖精は斜字で記す)
とはいえ、今のところ彼女以外に大妖精と分類されているキャラはいないようなので、東方関連で「大妖精」の名が出てきたら彼女のことを指していると思っていいだろう。
同じく妖精の中でも強い部類に入るチルノが何故大妖精に分類されてないのかは謎。
因みに、他の名無しキャラには小悪魔?朱鷺子?などがいる。(Win版以降)

 

立ち絵も用意されておらず、「東方文花帖」や「東方求聞史記」にも載っていないため、もしかしたら製作者であるZUN氏もキャラクターとしてすら認知してないかもしれない。
一応「東方三月精」には台詞こそないものの大妖精と思しきキャラが登場しているが、これが紅魔郷で登場した大妖精だとは明言されていない。

 

チルノは氷の妖精だが、大妖精が何の妖精なのかは未だに不明。
文花帖の漫画で見せた風を操る描写は、あくまで公式書籍内での二次創作なので注意。何となく緑=風というイメージはあるけど。

 

冒頭にも載せたZUN氏の日記によると、他の妖精と同様に陽気で悪戯好き、後先を考えない性格らしい。
あと分かっている情報は、普段から霧の湖に棲んでいる・・・ということくらい。
このようにキャラとしての設定は殆どないため、二次創作の大妖精はほぼ全ての要素が二次設定となる。

 

前述したように初登場は「東方紅魔郷」。スペルカードは使ってこないが、瞬間移動でこちらの弾を避けてくる。
周囲を回っている4つの四角い物体がスペルカードという設定らしいが、使用することなく抱え落ちしてしまう。
ZUN氏曰く「スペルカードを持たせる予定だったが余裕がなく断念した」とのことなので、恐らくその時の名残だろう。もしスペカを持たせられていれば、恐らく立ち絵も描かれてたのかもしれない。
因みに、同じ妖精の中ボスであるリリーホワイト?も瞬間移動を使ってくる。

「東方風神録」発売以降には、「早苗さんに似ている」というネタも見られた。

妖精大戦争での大妖精。上のと比べてもかなり画像が大きく綺麗になって特徴が捉えやすくなった。絵師にとってはありがたい

初登場してから長い間音沙汰無かったが、「妖精大戦争」では中ボスとして久々の登場を果たした。
名無しで立ち絵無しなのは相変わらずだが、紅魔郷の時からグラフィックが鮮明になり、細部のデザインまでよく分かるようになった。大きな花も抱えている。
弾幕の密度も紅魔郷の比じゃないくらい濃くなっているが、これは主人公のチルノから濃く見えているだけらしい。
また、氷の妖精であるチルノに容赦なく炎弾を撃ってきたり、チルノのスペカであるアイシクルフォールっぽい弾幕も放ってくる。
EXステージではリリーホワイトとコンビを組んで攻撃してくる。

 

中ボスゆえテーマ曲は存在しないが、2面道中の曲「ルーネイトエルフ」が彼女のテーマ曲とされることが多い。

二次設定 Edit

  • ショートヘアかサイドポニーか
    紅魔郷や妖精大戦争でのドットを見る限りだと、ショートヘアに黄色いリボンを結んでいるように見える。
    しかし、どういうわけか二次創作では黄色いリボンでサイドポニーにしている絵が大半である。
    東方三月精に出た際はサイドポニーだったが、あのキャラが紅魔郷の大妖精なのかは分からないので、サイドポニーが二次設定なのか公式設定なのかは微妙なところだ。
  • 名前関係
    • 大ちゃん
      「大妖精」なので、ファンからの愛称はもっぱら「大ちゃん」。横浜ベイスターズの元監督でも量産型武蔵丸でもいなかっぺ大将でもない。
      チルノなどの他キャラからも「大ちゃん」と呼ばれることも多い。
    • トリル
      本名がないキャラだが、どうしても本名が必要な時は「トリル」という仮名を用いるのが一時期流行った。トリックルームではない。
      しかし、その知名度は同様の理由でつけられた小悪魔?の仮名「リトル」よりも低い。東方をニコニコで知った世代の人は勿論、リアルタイムで紅魔郷をプレイしていた世代でも覚えている人がいるかどうか・・・
  • チルノとの繋がり
    大半の二次創作では、紅魔郷2面のボスであるチルノと友達であるとされている。
    原作には2人の会話も2人の接点の描写もないのだが、どちらも妖精であり、出ている面も同じことからこの設定が生まれたと思われる。というかそうでもしないと大妖精の設定が薄すぎて絡める相手がいない
    また、チルノが絡むことが多いレティ?と3人セットになったり、ルーミアリグル?ミスティア?とチルノの4人で構成された「バカルテット」に混ざることもしばしば。
  • お姉さんキャラ
    概要でも述べたように、原作における大妖精は悪戯好きで後先を考えないという妖精らしい子供っぽい性格。
    だが二次創作では、お馬鹿なチルノと対照的に礼儀正しいしっかり者というキャラ付けがされることが多く、チルノのお姉さん的ポジションだったり、チルノの無鉄砲さに振り回されたり心配してオロオロしたりする苦労性ポジションとしてよく描かれる。バカルテットと絡む時も保護者みたいな立ち位置が多い。
    そんなキャラ付けがされたことで、現在は東方キャラの中では貴重な「素直で大人しく健気な良い子」担当として確固たる地位を手にしている。名前も立ち絵も明確な設定も殆どないキャラクターだった事を考えると結構な大出世である。
    また、体格は基本チルノと同じ子供サイズだが、このお姉さんなイメージもあってか、チルノに比べて身長が少し高めに描かれることが多い。
  • Die妖精
    基本は気弱で大人しい子というキャラ付けが多いが、時にはその性格が一転することもある。
    チルノに容赦なく「バカ」と言ったり、かと思えばチルノを親友以上に愛していて、その愛情が暴走してチルノに近づいてくるレティやバカルテットの他メンバーを敵意むき出しで排除せんと襲うヤンデレと化したり。「Die妖精」と呼ばれることもある。
この部分は淫夢要素を若干含みます。苦手な人はスルーをおすすめします

イラスト Edit

執筆時に人気だったイラストを数枚載せてます。
クリックするとその作品のページに飛べます。
勿論、ここで紹介してるものの他にもいいイラストがいくつもあるので、是非探してみてください。

★ 作者:Lota氏

ダイチャンウオオオオオオオオオオオ 作者:emyu氏

参考資料 Edit

ニコニコ大百科
ニコニコMUGENWiki(画像など)

コメント Edit


URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

閲覧者数 Edit

現在?
今日?
昨日?
合計?